たこ焼きミュージアム&キッズパーク! 『デックス東京ビーチ』

443view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
たこ焼きミュージアム&キッズパーク! 『デックス東京ビーチ』

今日は4歳の娘と東京都港区台場にある『デックス東京ビーチ』におでかけしてきました。若い頃はよくお台場におでかけはしていたのですが、子どもにとっては楽しめる所はあるのかな? と調べてみました。楽しめるスポットがたくさんあるみたいなので、おでかけ大好きな娘と2人でおでかけしてこようと思います! ステキなおでかけになるでしょうか?

  • 使ったお金:2,290円
    (おやつ代:600円、たこ焼き+ドリンク990円、
    プレイルーム使用料:700円)
  • 遊んだ時間:14:00~17:00 計3時間
  • 子供の年齢:4歳(おんなのこ)

2016年12月更新

「ゆりかもめ台場駅からも、りんかい線でもアクセスが楽チンの『デックス東京ビーチ』

アクセスが楽チンの『デックス東京ビーチ』

アクセスが楽チンの『デックス東京ビーチ』

今回は電車でおでかけ! お台場は「りんかい線」や「ゆりかもめ」があるのでアクセスはとても便利です。

私たちは「りんかい線」の「東京テレポート駅」から歩いて向かったのですが、改札を出ると看板もあり道に迷わず簡単に向かうことができました。

途中、大きな陸橋を渡らなくては行けないのですが、エレベーターがあるのでベビーカーの方でも安心して向かうことができそうです。

「東京テレポート駅」から向かうと、改札に案内の看板があるのでその通りに行けば迷わず到着するはずです。

久しぶりで迷うかな? と思いましたが、案外すんなり向かうことができました!

初めての人も迷わずに到着できますよ♪

『デックス東京ビーチ』の中にあるレトロで新鮮な「台場一丁目商店街」でタイムスリップ!

レトロで新鮮な「台場一丁目商店街」でタイムスリップ!

レトロで新鮮な「台場一丁目商店街」でタイムスリップ!

『デックス東京ビーチ』にはお買い物できるショップ、レストランだけでなく色々なアミューズメントパークがあります。

私たちはまずは「台場一丁目商店街」というレトロな商店街に惹かれ、駄菓子屋さんやゲームコーナーなどがあるスペースに向かいました。

娘は普段見ない景色に目を奪われ「わぁ〜!駄菓子屋さん行きたい!」となったので、まずは量り売りの駄菓子のお店へ!

100g300円から、小さなプラスチックの容器に好きなものを詰めるシステムでした。

パンパンで300g入るかな? ぐらいの可愛らしい容器です。

娘はぴったり200g! もっと多く入れるかな? と思ったら意外と少なめでした。

そのほかにも駄菓子屋さんは数軒このスペースに点在しているので、どこの駄菓子屋さんに行こうかとても迷います。

子どもに「こっちがよかった!」 と言われる前に、まずは1周してどこにするか決めてしまうことをおすすめします!

小腹が空いたら「お台場たこ焼きミュージアム」へ

小腹が空いたら「お台場たこ焼きミュージアム」へ

小腹が空いたら「お台場たこ焼きミュージアム」へ

「ちょっと小腹が空いたけれどまだランチじゃないなぁ」という感じだったので、次は同じ階にある「お台場たこ焼きミュージアム」へ!

たくさんの大阪たこ焼きのお店が並ぶフードコートで、アイスクリーム屋さん、たこ焼きにちなんだお土産のお土産屋さんが並んでいます。

私たちは、牛すじの入った「ラジオ焼き」というたこ焼きのご先祖様を扱う「会津屋」さんで「おためし三種盛りドリンク2つセット990円」を頼みました。

できたてのホカホカだったので娘は「これ絶対熱いからヤダ!」と食べる前から大騒ぎ!

紙の取り皿を貰っていたので、私が半分に割ってふーふーして食べさせました。

食べると娘も「おいしい〜!」とバクバク!

熱いと大パニックになる娘なので取り皿の用意があるのはとても安心できました。

お腹が膨れたあとは「キッズ スマイルパーク」へ!

お腹が膨れたあとは「キッズ スマイルパーク」へ!

お腹が膨れたあとは「キッズ スマイルパーク」へ!

一休みした後は同じ階にある「キッズ スマイルパーク」で体を動かしに!

「キッズ スマイルパーク」は20分400円、時間無制限は700円のインドアプレイルーム!

お金を自動販売機か受付で支払うとスタッフさんから親と子どもの靴に印を挟み込むクリップと首から提げる札を渡されます。

トイレは「キッズ スマイルパーク」の中にはないので、先にトイレを済ませておくことをおすすめします。

私たちは20分だけじゃ物足りないだろうなぁと時間無制限の方に!

中に入るとそこは滑り台やボールプール、子どもの大好きなものだらけ!

浮き輪のような中に入って転がるサイバーボールもあり、転がったり転がしたり遊びたい放題!

遊び終わりに受付でクレーンゲーム2種類の無料券を1枚ずつ貰えますよ♪

アソビバママが見た『デックス東京ビーチ』のポイントはココ!

『デックス東京ビーチ』のポイント!

『デックス東京ビーチ』のポイント!

『デックス東京ビーチ』内には、その他にもたくさんのエンタメが点在しています。

どれに行こうか本当に迷います! 子どもは大はしゃぎですが、親御さんはクタクタになるかも知れません。

事前にどこに行くか家族会議した方がよさそうですね。

私はノープランで行ってしまいました。

どこに行こうか疲れすぎて頭が回らなくなってしまいましたので、事前会議をおすすめいたします!

そして『デックス東京ビーチ』のポイントはもうひとつ!

なんと「レゴランドディスカバリーセンター」や「マダム・タッソー東京」の当日チケットの半券を持っていたら、色々なお店でサービスが受けられるのです。

今回おでかけした、「台場一丁目商店街」ではキャラクターグッズ、「お台場たこ焼きミュージアム」では、たこ焼き2つサービスなど♪

詳しいことについては、サービスカウンターにあるチラシで把握できますよ!

私たちは今回レゴランドに行ってきたので、そちらのチケットでお得なサービスを受けました♪

文/おまんじゅう

たこ焼きミュージアム&キッズパーク! 『デックス東京ビーチ』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集