『こども遊び場 ママCO』は子どももママも嬉しいプレイスペース

92view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『こども遊び場 ママCO』は子どももママも嬉しいプレイスペース

「こども遊び場 ママCO」は、0〜8歳の小さな子ども向けの屋内プレイスペース。子ども向け遊具がそろっているのはもちろん、ママ向けの設備も充実した施設となっています。お昼寝アート撮影会や手形アート作りなど、無料で参加できるイベントも定期的に開催されています。親子の憩いの場としても、思い出作りの場としても利用できますよ。今回は、そんな「ママCO」をたっぷりと紹介します!

ママCOってどんな施設?

 (78105)

ママCOは「越谷ツインシティ」の中にある、0〜8歳までの子どもを対象とした屋内プレイスペースです。

最大の特徴は、子どもだけでなく子育て世代のママにとっても嬉しい設備がそろっていること!

子どもが自由に遊べるプレイスペースはもちろん、ママたちのゆっくりくつろげるスペースも充実しています。

子どもが遊んでいる間にママ友と一緒におしゃべりを楽しむ、なんてこともできますよ。

飲食物の持ち込みができるだけでなく、なんとデリバリーを注文するのもOK!

駅から徒歩1分圏内とアクセスが良好なのもママには嬉しいポイントですね。

利用料金は大人300円! フリーパス購入で大人無料のお得なクーポンも

 (78108)

ママCOに子どもが入場する際は、必ず保護者の方と一緒に入場することになります。ただし、保護者の料金は一律300円とリーズナブル。

子どもは時間制となっていますが、平日フリーパスや休日の210分パスといったパック料金もあります。長時間のご利用を考えている方は、こちらを利用しましょう。

小人料金

30分:300円
1時間:500円
2時間:1,000円

平日フリーパス:1,500円
休日・夏休み 210分パス:1,500円

※各時間後、延長10分ごとに100円
※利用対象は1〜8歳となります。

1歳未満:200円(時間制限なし)

大人料金

300円(時間制限なし)

ママCOのクーポンをチェックしておトクに入場しよう!

ママCOでは公式サイトよりクーポンが発行されています。

平日フリーパスを購入した場合、大人1名の入場料が無料になるなど、通常入場するよりも割安で利用することができます。

クーポン内容は時期によって変わりますので、行く前にママCO公式サイトで確認しておきましょう。

クーポンの利用方法は、会計時に口頭で伝えるだけでOK。印刷して持参したり、スマホで画面を提示したりする必要はありません。

「ママCO」公式サイトURL: http://r.goope.jp/mamaco

最寄り駅からは徒歩1分とアクセス良好

 (78117)

ママCOのある「越谷ツインシティ」は、東武スカイツリーライン越谷駅より徒歩1分にある都市型複合施設。

ショッピングやグルメが楽しめるAシティと公共施設の集まったBシティの2つの棟からできています。

ママCOがあるのは、Aシティの2階フロア。ショッピングをしている最中に、子どもが不機嫌になった時や、疲れて一休みしたい時にふらっと立ち寄ることもできますよ。

駐車場収容台数は400台以上で車でのアクセスも便利

ママCOのある「越谷ツインシティ」は、東京外環自動車道草加ICから約5Km。遠方から車でのアクセスもしやすい立地にあります。

駐車場はBシティ側にある越谷駅東口駐車場を利用しましょう。収容台数は409台とかなり多く、駐車場が埋まることはほとんどありません。

駐車料金は利用する時間帯によって変わりますが、駅近の駐車場としては比較的リーズナブルな料金設定となっています。

8:00〜20:00の間

30分:100円
最初の30分は無料、12時間最大1,000円

20:00〜翌8:00の間

60分:100円
最初の30分は無料、12時間最大500円

※最大料金は繰り越し利用可能
※2,000以上の買い物で1時間無料

電車が便利。最寄り駅から徒歩1分

「越谷ツインシティ」は東武スカイツリーライン越谷駅の東口より徒歩1分のところにあります。アクセス手段としては電車の利用が最も便利でしょう。

東口を出るとすぐ左手側に「越谷ツインシティ」の建物が見えてきます。ママCOのあるAシティは東口から見て手前側の建物です。

もし迷ってしまったら、三菱UFJ銀行の建物の方向へ進みましょう。向かいにある建物が、越谷ツインシティAシティとなります。

ママCOの営業時間と混雑状況は?

 (78128)

ママCOの営業時間は10:00~19:20(退場は19:50)となっています。終了時刻がやや変則的になっていますので、遅い時間に利用を考えている方は注意しましょう。

定休日はなく年中無休です。

土日はやや混雑傾向。貸し切りにも注意

ママCO自体は、入場制限がかかるほど混雑することはほとんどないそうです。

ただし、「越谷ツインシティ」の利用者が多くなる土・日・祝日や大型連休中は、ママCOもやや混雑傾向となります。

人気のおもちゃが使えないといったこともありますので、空いた時間を狙うなら平日の午前中がベストです。

ただし、ママ友会の会場として、ママCOが貸し切り利用されることがあります。その日は、ほかの利用者は入場することはできません。

確実に利用したい方は、事前に電話などで確認しておくといいでしょう。

子どもが夢中になるおもちゃやアスレチックがいっぱい

ママCOでは、体全体を使って遊べるボールのプールをはじめ、おままごとセットやレゴブロックなど、子どもが大好きなおもちゃが充実しています。

女の子向けエリアと男の子向けエリアで分かれていますが、間仕切りなどはなく行き来は自由。見晴らしもいいので、子どもを自由に遊ばせても見失う心配はありません。

ボールのプール

 (78135)

カラフルなボールでいっぱいのプールは、小さい子どもなら大興奮間違いなし!

プールの中には、アスレチックや子ども向けの小さな滑り台もあり、室内ながら体を思いっきり動かして楽しむことができるエリアとなっています。

1番人気のお料理ごっこエリア

 (78138)

ママCOの中でも女の子に1番人気なのが、お料理ごっこエリア。ご家庭にはなかなかない充実したままごとセットがそろっています。

子ども達もおままごと遊びに夢中になってしまいますよ。

人気なだけあり、混んでいなくても子どもが集まりやすいエリアとなっています。セットの取り合いで子どもたちがケンカしないよう、注意しましょう。

長いテーブルでレゴ遊び

 (78141)

男の子たちの定番のおもちゃといえばレゴブロック。テーブル中央にはさまざまなブロックが置かれており、子どもの想像力に任せて思い思いのレゴを組み立てることができます。

ちょっとお兄ちゃんになった子は、本格的なレゴキットの組み立てにも挑戦してみましょう。レジへ行くと好きなレゴキットを貸してくれますよ。

ママにも嬉しい充実の施設

ママCOの特徴は、子どもの遊び場だけではなく、ママたちの交流の場にも使えること。電子レンジが完備されたテーブル席など設備も充実しています。

飲食物の持ち込みはもちろん、デリバリーを注文することもOK。貸し切りルームもあり、簡単なパーティー会場としても使えるスペースもあります。

テーブル席

 (78146)

電子レンジが完備されたママに嬉しいテーブル席。お弁当を持ってきてここで食べる、なんてこともできるので、ちょっとしたピクニック気分が楽しめます。

テーブル席からは、子どもたちの様子もよく見ることができます。ママ友会をしながら、子どもたちを見守ることもできますよ。

パーティールーム

 (78149)

子どもの誕生日に使えるパーティールーム。追加料金などはなく、ママCOの利用料のみで使うことができます。予約制ですが、誕生日装飾もしてくれるサービスも。

子どもの誕生日会をここで開けば、いい思い出になること間違いなし。

無料イベントで親子の思い出づくりも!

 (78152)

ママCOでは「おひるねアート」や「手形アート」など、無料で参加できるイベントが随時開催されています。子どもの成長も感じられて、親子のいい思い出作りにもなりますよ。

イベントは予約しなくても参加することができますが、参加人数に限りがあります。確実に参加したい場合は予約がおすすめ。

イベントの内容や開催日時はママCO公式サイトで確認することができますので、チェックしておきましょう。
「ママCO」公式サイトURL: http://r.goope.jp/mamaco

施設内に半個室のおむつ替えスペースも完備!

 (78155)

ママCOでは、施設内に半個室のおむつ替えスペースが用意されています。

ママCOの利用者は同じ子育て世代ですが、やっぱり視線が気になる、という方は同じ2階フロアにある個室の利用がおすすめ。

個室のおむつ替えスペースと授乳室は2階フロアのトイレ近くにあります。

遊んだ後は同フロアのレストランで休憩

ママCOで思いっきり遊んだあと、一休みするなら同じフロアにあるレストランの利用がおすすめです。

サイゼリアやガストなどのファミリーレストランがあり、座席も広々としていますので子ども連れでもゆっくりできますよ。

また、このフロアのトイレ近くには個室のおむつ替え台や授乳室が完備されています。子育て世代のママには使い勝手がいいフロアとなっているのではないでしょうか。

ママCOの周辺情報

ママCOのある埼玉県越谷市は、大規模な開発地帯となっています。

大型商業施設を中心とした「越谷レイクタウン」などニュータウンの開発が進められており、子育て世代にも配慮した街づくりがされています。

そんなママCOの周辺には、子育て世代に嬉しい施設がいっぱい!

「越谷レイクタウン」の顔でもある大型商業施設「イオンレイクタウン」をはじめ、越谷市民の憩いの場となっている「大相模調節池」、オーストラリアの自然と親しめる「キャンベルタウン野鳥の森」など。

ママCOと合わせておでかけしてみてはいかがでしょうか?

イオンレイクタウン

ママCOからは車で10分程度。「越谷レイクタウン」の中心施設である日本最大の大型ショッピング施設です。

「kaze」、「mori」、「outlet」の3つエリアからなる広大な敷地があり、まるでテーマパークに来たようなワクワクした気分になりますよ。

施設内には個室のおむつ替えスペースや授乳室など、赤ちゃん向けの設備が充実しているのも魅力。家族でゆっくりと買い物を楽しめますよ。

住所:
埼玉県越谷市レイクタウン4丁目2番地2(イオンレイクタウンkaze)
埼玉県越谷市レイクタウン3丁目1番地1(イオンレイクタウンmori)
埼玉県越谷市レイクタウン4丁目1番地1(レイクタウンoutlet)
営業時間:9:00〜21:00
公式サイト:http://www.aeon-laketown.jp/sp/

大相模調節池

越谷市の地区整備事業の一貫でつくられた水害対策の調節池。池といっても広さは39.5ヘクタールと広大でまるで湖のようです。

池の周辺は開放されており、越谷市民の憩いの場にもなっています。

整備された芝生の広がる「見田方遺跡公園」や、スポーツ施設もある「レイクタウン湖畔の森公園」などもあります。

自然を豊かに感じられる気持ちのいい環境で、ちょっとしたお散歩にもおすすめです。

住所:埼玉県越谷市レイクタウン2
電話番号:048-971-9002(水辺のまちづくり館)

キャンベルタウン野鳥の森

越谷市とオーストラリアのキャンベルタウンとの姉妹都市交流10周年を記念して開設された小動物園です。

キャンベルタウン市から寄贈されたかわいい動物たちを間近で見ることができ、オーストラリアの変わった自然と触れ合うことができます。

入場料は大人100円、未就学児童は無料です。リーズナブルなところも嬉しいですね。

住所:埼玉県越谷市大字大吉272番地1
電話番号:048-979-0100
営業時間:9:00~15:30(閉園は16:00)
公式サイト:http://yacho-nomori.kosi-kanri.com/

ママCOのまとめ

 (78168)

小さな子どもの向けプレイスペースの中でも、ママたちのことまで考えた施設はあまりありません。

また、複合施設の中にあるので、ショッピングなどの用事の合間にふらっと立ち寄ることができるのも嬉しいポイントですね。

越谷のおでかけ先を探しているなら、ママCOへ行ってみてはいかがでしょうか?

こども遊び場 ママCO
住所:埼玉県越谷市弥生町 17-1越谷ツインシティ Aシティ 2階
電話番号:080-4868-0532
営業時間:10:00〜19:20(退場は19:50)

『こども遊び場 ママCO』は子どももママも嬉しいプレイスペース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「埼玉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集