寒い冬こそ負けずに体を動かそう!子供が喜ぶ遊び6選

604view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKおでかけと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

寒い冬こそ負けずに体を動かそう!子供が喜ぶ遊び6選

本格的に冬の訪れとともに、家の中に閉じこもってばかりの子供を外に連れ出して体を動かしてあげましょう。この時期しか楽しむことができないウインタースポーツの楽しさを知れば、寒い冬でも積極的に外遊びをするようになります。今回は、寒い冬にこそ楽しみたい冬遊びの代表的なものを紹介します!

子供と楽しむスキー

ゲレンデ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12400)

冬の遊びの定番のひとつがスキー、そろそろ子供にデビューをさせようと考えているパパやママもいるのではないでしょうか。

まずは、スポット選びが重要となります。子供が疲れない程度の距離にあるスキー場で上級者用ではなく、初心者やファミリー用のコースがあるところがいいでしょう。

他のスキーヤーとの衝突などが避けられる安全なキッズゲレンデやコーナーが特設されているスキー場もあるので、安心して遊ばせることができます。

板やスキーウェアなどは、ほとんどレンタルで済ませることができるので、手ぶらで気軽に楽しめます。

子供が本格的にスキーを上達したいと希望するならキッズスクールもおすすめです。

子供と楽しむスケート

アイススケート|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12397)

年末年始の定番にもなっている冬の遊びの代表としてスケートがあげられます。

日本のフィギュアスケーターの目覚ましい活躍により、スケートに憧れる子供も多いのではないでしょうか。

関東にも屋内外を問わずスケートが楽しめるリンクがいくつもあり、なかにはイルミネーションや音楽とともにスケートを楽しめるスポットもあります。

スケート靴や転倒防止用のヘルメットなど、必要なグッズはレンタルがあるので準備する必要はありません。

最近では、最先端技術が導入された氷以外のリンクで一年中、滑りを楽しめるスポットや安定感のあるローラースケート場もあるので、ニーズによって使い分けするのもいいでしょう。

子供と楽しむ雪合戦

雪合戦をする子供|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12394)

雪国以外で暮らす子供の一番憧れるのが、雪だるま作りや雪合戦などの冬の遊びで、一度でいいからたくさんの雪のなかに飛び込んでみたいと思うのも当然でしょう。

雪合戦を楽しむならある程度の積雪地帯に足を運ぶ必要があり、スノータイヤなどの万全な準備が必要となります。

家族で雪合戦をするなら危険はありませんが、小学生くらいになると本格的に雪合戦を楽しみたくなるかもしれません。

世界大会も開催される正式な競技としてチーム戦などをする際には、ゴーグルやヘルメットなど危険回避を万全にして楽しむことをおすすめします。

一度でいいから思い切り雪玉を投げる爽快感を味あわせてあげたいですね。

子供と楽しむワカサギ釣り

ワカサギ釣り|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12391)

冬の釣りの醍醐味とされるワカサギ釣りは、湖に氷が張り始める1月頃からがシーズンといわれています。

晩秋の頃にボートに乗って釣りを楽しむこともできますが、やはりどうせワカサギを釣るなら厳寒の時期に、ドリルで凍った湖に穴を開けて楽しむ氷上の釣りがおすすめでしょう。

ワカサギ専用の竿や仕掛け、リールなどもありますが、スポットでレンタルを利用することができます。

ドーム船に乗って暖房の効いた環境でも釣れますが、長時間同じ場所でじっとするのに耐えられない子供が飽きてしまうこともあります。

極寒の厳しさを経験させるためにも、完全防備をして氷上での釣り遊びをするのもいいのではないでしょうか。

子供と楽しむスノーボード

スキー場にて260|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12388)

スキーとは異なり、横向きに板に乗り、横向きに滑るスノーボードは、日常の動きにないことから慣れにくく、5歳くらいから始めるのがおすすめです。

子供のやる気や興味が強ければ、危険回避姿勢なども教えてくれるキッズスクールを体験してみるのもいいでしょう。

冬の遊びが大好きといっても、スキー場の寒さは格別なもので、練習するうちに手が冷え過ぎると痛くなります。

スノーボードでは雪に手をつくことも多いことから、グローブの下にインナー用の手袋をつけたり、外側から防水スプレーなどをかけたりすることも必要でしょう。

どんなに元気でも子供の集中力や体力は半日程度しかもたないことも配慮してあげましょう。

子供と楽しむソリ遊び

スキー|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12385)

ソリ遊びは、小さなお子さんの冬遊びのデビューにピッタリといえるでしょう。

シンプルなプラスチックの板状のものを平地でパパが引っ張ってあげることからスタートしたら、斜面を一人で滑れるようになるまでを見守ってあげましょう。

ソリ遊びをする場所は、ゲレンデに特設されたキッズパークなどの安全なスポットに限定すれば、安全であるとともに種類豊富なソリをいろいろと体験することもできます。

慣れてきたらハンドルが付いたものや自転車の車輪の下にボードが付いたものなどで楽しく遊べます。

恐がらなければ、スノーモービルによるラフティングで雪上を滑走する楽しさとスリルを味わうのもおすすめです。

真っ白な雪に包まれるスキー場や広々としたスケート場など、冬の遊びでしか訪れることができない子供の遊び場が数多くあり、小さなお子さんから段階的に楽しめる遊びが多いのも魅力となっています。寒さに負けず冬でも思い切り体を動かして遊べるスポットで大いに冬を満喫しましょう。

寒い冬こそ負けずに体を動かそう!子供が喜ぶ遊び6選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:あそぶのお役立ち情報

お役立ち情報

RANKINGお役立ち情報ランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら