『東京サマーランド』一年中プールで遊べる!徹底攻略レポート

59,351view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKママこえと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

『東京サマーランド』一年中プールで遊べる!徹底攻略レポート

プールや遊園地で遊ぶための準備

こちらは東京サマーランドのエントランス。

 (68658)

4月中旬の平日ということもあり、混雑はしていない様子です。

安全に遊ぶために!入園前の手荷物検査

 (68660)

入園前に、手荷物検査を実施しています。

カバンの中身を入念にチェックされます。カーゴワゴン、キャリーカート、クーラーボックス(キャスター付き、または高さ50cm、幅70cm、長さ90cm以上)、荷物のみを乗せているベビーカー、ビン・カン類の危険物の持ち込みが禁止されています。

また、金属類も検査の対象になるので、事前に一つにまとめておくのがよいでしょう。

検査に時間がかかる場合もあるようなので、出発前に持ち物の確認をしておきましょう

また、東京サマーランドでは、暴力団関係者、入れ墨、タトゥー(シールペインティングを含む)のある方の入場を禁止しています。もし、入園後に判明した場合には、退場となりますので、こちらもご注意ください。

※東京サマーランドの手荷物持ち込みについては、こちらを事前にご確認ください。
http://www.summerland.co.jp/faq/attention.html

現地調達も可能!水着、浮き輪も売ってる充実のショップ

サマーランドには水着や浮き輪などの多くのスイムグッズなどが販売されています。

 (68661)

子ども用の水着も豊富なので、事前に水着がなくても現地調達できます。

オフシーズン時は、デパートやショッピングモールでも水着を購入できるところが少ないので、そんな時はこちらのお店で買ってしまうのも手です。

一年中遊べる南国プール「アドベンチャードーム」

 (68662)

入園すると目の前に広がるのが、明るく大きなドーム型の屋内プール。暖房がしっかり完備されており、季節を問わず南国気分を味わえます。

ロッカールーム、更衣室など

 (68663)

入園したらすぐに、B1Fに向かいましょう。ロッカールームや更衣室が完備されています。ロッカーは、サイズによって、500円と600円の2種類があります。そのうちの100円はデポジットなので、使用後に100円が戻ってくるシステムになっています。

 (68664)

更衣室には脱衣所、シャワーの他に、コイン投入型のドライヤーもあります。

 (68665)

また、女性用更衣室には、ベビーベッドが2台設置されているので、幼児のお子様のお着替えも安心です。

コバルトビーチ

屋内プールエリア「アドベンチャードーム」のメインとなるプール「コバルトビーチ」。
定期的に「波」が発生する「波のプール」が人気です。

 (68666)

結構大きい波がくるのでスリル満点!
ここでは浮き輪を着けることが義務付けられています。
持っていない方は貸し出しも行っているので近くのスタッフに聞いてみてください。

 (68667)

浅瀬は子どもでも安心して遊べる深さですが、奥に進むとかなり水深が深くなります。
お子さんと一緒の際は必ず付き添ってあげましょう。

Tiki(ティキ)スライド

Tiki(ティキ)スライドは岩をモチーフにした本格的なウォータースライダーです。

 (68668)

高さが異なる2本のスライダーは、スリル満点。
身長120cm以上が利用条件となります。

フルーツアイランド

バナナやパイナップル、スイカなどをモチーフにしたこどものためのプールエリア。

ここは、4歳以下の小さなお子様を対象にしたプールで、暖かな温水になっています。

 (68669)

一番楽しそうに何度も滑っていたスイカの滑り台。

 (68671)

お子さんのプールデビューにもおすすめです!

ロックビーチ

ロックビーチは、「水」と「冒険」をテーマにしたアスレチックゾーン。
小学生以上のお子様におすすめのエリアです。

 (68672)

アスレチックで遊んでいると、突然奇妙な水の音が…

 (68673)

…と思ったら、突然バケツの水がバシャーン!
なんとその量は約600リットルの水が!

幼児のお子様には危ないので、小学生以上のお子様におすすめです。

湯遊大洞窟

 (68674)

B1Fには洞窟イメージした、水着着用の混浴施設「湯遊大洞窟」があります。

 (68675)

広い洞窟内は、数種類の大きなお風呂があり、スコールが降ったり、雷が鳴ったりとさまざまな仕掛けが用意されています。

アドベンチャートレイン

アドベンチャードーム内にはウォーターアトラクション以外に、乗り物アトラクションもあります!アドベンチャートレインは身長制限なしで体験できる汽車のアトラクション。

 (68676)

色とりどりの汽車には、キリン、サル、象などのたくさんの動物が乗っています。
動物達とともに、ジャングルの冒険に出発!

このアドベンチャートレインは、フリーパスやのりもの券で乗車可能なアトラクションです。

★「アドベンチャードーム」についてもっとくわしく…

東京サマーランドの通年遊べる屋内プールエリア『アドベンチャードーム』 - アソビバ

東京サマーランドの通年遊べる屋内プールエリア『アドベンチャードーム』 - アソビバ

東京サマーランドは一年中プールで遊べる屋内エリア「アドベンチャードーム」があります。

プール内で利用できるレストラン、軽食スタンド

アドベンチャードームには、3つのレストランと2つの軽食スタンドがあり、お食事メニューが充実しています。ドームの室内は結構温度が高いため、のども乾くはず。

疲れたら水分を補給したり、お腹を満たしながら休憩してみてください!

 (68677)

ドーム内にあるレストランでは定番のカレーライス、チャーハンをはじめ、ご当地グルメ「八王子ラーメン」なども食べることができます!

★東京サマーランドの飲食情報についてもっとくわしく…

『東京サマーランド』のレストラン・フードコートのおすすめグルメ! - アソビバ

『東京サマーランド』のレストラン・フードコートのおすすめグルメ! - アソビバ

定番の食事メニューはもちろん期間限定のものやドリンクメニューも充実しています!

夏季限定オープンの看板エリア「アドベンチャーラグーン」

 (68679)

アドベンチャーラグーンは、TVCMでもお馴染みの屋外のウォーターエリア。こちらのエリアは、7月1日~9月30日までの夏季限定の屋外プールエリアです。看板アトラクション「アクアファン」は、頭上の大樽から総量1.2トンの水が一気に落下します。

 (68680)

とても広い屋外プールのメインは、長い流れるプール「グレートジャーニー」。フェンス越しなので、なかなかよく見えませんが、なんだか楽しそうなウォーターアトラクションがたくさんあるようです。今から夏のオープンが待ち遠しいです。

サマーランドの名物スライダー「DEKASLA(デカスラ)」!

 (68682)

東京サマーランドが「日本初!最強アトラクション」と謳うDEKASLA(デカスラ)。

高さ約24m、全長約131mの巨大なウォーターアトラクション。専用ゴムボートに乗って、巨大なコースを滑走します。

屋外エリアから見える、大きな白と黒の建造物に圧倒されます。オフシーズンには体験することができませんが、7月1日以降にぜひ体験してみてください。

DEKASLA(デカスラ)は、身長130cm以上、4~6名乗り、総体重454㎏以下の利用制限があります。

雨の日・悪天候時の屋外プールは営業する?

小雨程度であれば、ほぼ屋外プールは通常解放しています。

ただし、夏期中のゲリラ豪雨などに見舞われた際は、安全のため一時的にプールをクローズすることもあるんだそう。

しかしサマーランドには屋内プールもあるので、悪天候の日でも関係なく思い切り遊ぶ事ができます。

水着のまま遊べる「遊園地エリア」

遊園地ならではの乗り物が充実!スリルマウンテン

東京サマーランドはプールだけではありません!
様々なアトラクションが楽しめる遊園地エリア「スリルマウンテン」もおすすめです。

Tシャツなどの上着とビーチサンダルなどの履物を着用すれば、水着のままで乗り物を楽しむことができます。

 (68683)

小さなこども向けの遊園エリアには、のんびりと親子でたのしめるコイン投入型の乗り物があります。

ドラえもんやトーマスなど、子どもが好きなキャラクターが並んでいます。

 (68684)

カラーボールを制限時間内にシャベルですくうミニゲーム。
乗り物がすきな男の子ははまってしまうかもしれません!

 (68685)

遊園地の定番「メリーゴーランド」。動物たちの中から、どれを選ぶのかな?

 (68686)

スリルマウンテンではスリルを味わうアトラクションが多くありますが、5歳以下のお子様が遊べるアトラクションを今回ご紹介していきます!

 (68687)

東京サマーランドの屋外遊園地の顔とも言えるのが、このスターホイール。海抜223mの大きな観覧車は、秋川の雄大な自然から大都会までが一望できます。

 (68688)

★東京サマーランドの遊園地エリアについてもっと詳しく…

『東京サマーランド』の遊園地エリアは水着のまま遊べることが魅力! - アソビバ

『東京サマーランド』の遊園地エリアは水着のまま遊べることが魅力! - アソビバ

水着のまま遊べる遊園地エリアも絶対に遊んでおきたいスポットです。親子でのんびりと楽しめるアトラクションから絶叫マシンまでそろっているのでぜひ楽しんでみてください!

レストラン

 (68689)

屋外遊園地エリア唯一のレストランが「ウエストウッド」。空中ブランコ型ののりもの「ウェーブスウィンガー」の近くにあり、山のロッジのような建物が特徴です。

 (68690)

店長おすすめの「豚カルビ丼」「エビ塩ラーメン」をはじめとして、カレーライス、

チャーハン、やきそば、ホットドッグなど、子どもが大好きなメニューが勢ぞろいしています。また、遊園地にしては、値段がリーズナブルなところも嬉しいです。

187 件
『東京サマーランド』一年中プールで遊べる!徹底攻略レポート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら