『あらかわ遊園』の子どもプールは赤ちゃんも水遊びが楽しめる!

2,381view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『あらかわ遊園』の子どもプールは赤ちゃんも水遊びが楽しめる!

夏季限定で開かれる「あらかわ遊園」の屋外「子どもプール」は、乳幼児や赤ちゃんのいるファミリーに大人気のプールです。水遊び用のオムツはOK?付き添いのパパ・ママが気をつけたいことは?混雑する時間帯はいつ?「子どもプール」の基本情報と、気になる注意点をまとめてご紹介します!

乳幼児の水遊びに大人気の流れるプール

あらかわ遊園の「子どもプール」は、夏季限定で営業される屋外プール。
縦42m・横28m、水深25cm~80cmの変形プールで、中央にお城のような島があります。

乳幼児から小学校低学年くらいまでのお子さんが遊ぶのにうってつけと、人気の高いプールです。

 (53248)

ゆっくり流れるプール内は、泳ぐというより水遊びを楽しむ親子連れで賑わいます。
1時間ごとに10分の休憩があり、このときには必ずプールから出なければいけないので、ほどよく休みながら遊べます。

がっつり泳ぎたい少し大きなお子さんは、あらかわ遊園スポーツハウス内に屋内プールがあるのでそちらを利用するのがおすすめです。

営業時間・料金は?

子どもプールは夏休みに営業され、平成29年度は7月15日から8月31日まで開かれていました。
もっとも具体的なスケジュールは毎年変動するため、公式サイトでご確認ください。
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/yuuen/guide/guide_10.html

また、子どもプールはあらかわ遊園の入園ゲートより手前にあり、遊園に入園しなくても利用できます。
そのため利用料金や時間はあらかわ遊園そのものとは異なり、プールのみで独立しています。

<営業情報>
営業期間:夏休み期間(毎年変動あり)
営業時間:午前10時~午後4時
利用料金(1日):中学生以下150円 大人300円 ※身障者は無料。介助者は身障者1名につき1名無料。(身障者手帳など証明書類の提示が必要です)

水遊び用のオムツOK!赤ちゃんも安心

「子どもプール」はオムツをつけている赤ちゃんでも遊べる、都内でも貴重なプールです。
ただし水遊び用のオムツの上から必ず水着を着用しなければなりません。

水遊び用のオムツはプール受付でも買うことができます。
ベビー水着は販売していないので、持っていきましょう。

更衣室にオムツ替えシートやオムツ用のゴミ箱があるので、安心して着替え・オムツ交換ができます。

パパ・ママも水着は必須!

未就学児がプールで遊ぶには、高校生以上の付き添いが必要です。
付き添いについては、1名につき未就学児2名までという決まりがあります。

また、付き添いのパパ・ママにも水着着用は必須です。
水着を着ていないとプールサイドに入ることができないのでお気をつけください。

どうしても水着を着たくないわという方は、プールの外で様子を眺められる待機場所もあるようです。

プール用の帽子はかぶっていても、いなくても大丈夫です。

ちなみにプール内は撮影禁止のため、プールデビューの様子をカメラにおさめることはできません…。

浮き輪は持ち込める?

プール内には浮き輪やビニールマットを持ち込むことができます。
ただし、どちらもサイズは1メートルまでのものに限ります。
この大きさの範囲内なら、赤ちゃん用の足入れのついた浮き輪もOKです。

 (53505)

浮き輪のための空気入れポンプは、プールサイドで借りることができます。

ビーチボールやレジャーシートも持ち込みOKですが、混雑時は使用できない場合があります。

お弁当は2階の休憩所で

プールサイドでは飲食禁止ですが、2階にあがると休憩所があり、ここで飲食することができます。
ただしプール内では飲み物・食べ物を販売していないので、休憩所でお昼ごはんを食べたい場合にはお弁当や飲み物を持参しましょう。

休憩所も含めて飲酒・喫煙をすることはできません。

ロッカールーム情報!終了直前の混雑にご注意

更衣室のロッカーはコイン式ですが、返却式ではないので一度開けたらコインは返ってきません。
もっとも、このロッカー用のコインは受付でもらうことができるので安心です。

途中で荷物を取りに来たくなることもありますから、念のためコインを多めにもらっておくと受付を行き来せずにすみますよ。

ロッカーとプールの間にはシャワーがあり、プールへの道中には必ずこれを浴びることになります。
個別のシャワールームはありません。
帰りの身支度はさっと済ませて、帰宅してからゆっくりくつろぎましょう。

逆に、必ず一度はシャワーをくぐらないとプールサイドに行くことができません。
タオルやお弁当など、濡れたくないものを持って通る時にはビニールで覆うなどの対処が必要です。

また、プールの営業終了が16時なので、その直前、15時30分以降のロッカールームは非常に混雑します。
この時間帯にはロッカー前に渋滞ができることもあるほどだそうです。
並んでいる間にぐずってしまうこともあるので、特に赤ちゃん連れの方は、余裕を持ってあがっておくことをおすすめします。

期間外は「ミニボート」営業!

プールの営業期間以外の春季や秋季には、プールでミニボートに乗って遊ぶことができます。

営業日:春季・秋季の土日祝(プール準備期間は除く)
営業時間:午前9時~午後4時20分(雨天・強風時は休止)
対象年齢:3歳以上
利用料金:小学生以上200円 未就学児100円 (プール内で利用券購入)

未就学児には18歳以上の大人の付き添いが必要となります。(付き添い者有料)

 (53284)

通年のお楽しみ、「子ども縁日」

同じく、プールの営業をしていない期間に、プールで「子ども縁日」のイベントが開催される日がありますよ。

開催日:4・5・9・10・11・3月の第3日曜
開催時間:午前9時~午後4時20分
利用料金:1回200円(プール内で利用券購入)

ヨーヨーやスーパーボールすくいなどのイベントが行われているようです。限られた日のみのイベントですが、ぜひタイミングが合えば遊びに行ってみたいですね。

いかがでしたか?
真夏の盛り、赤ちゃんも一緒に水遊びで涼むことができたら最高ですね。
ボートや縁日など、オフシーズンにも楽しめるスポットになっているのも魅力です。

あらかわ遊園と行き来して遊んでもとてもリーズナブルです。
ぜひ、1日を遊び尽くしてください!

遊園地・動物園も楽しめる、あらかわ遊園について詳しくはこちらからどうぞ!

『あらかわ遊園』はリーズナブルに遊園地&動物園がたのしめる! - アソビバ

『あらかわ遊園』はリーズナブルに遊園地&動物園がたのしめる! - アソビバ

2020年に開園70周年を迎える、長い歴史を持つあらかわ遊園。手頃な料金で楽しめることもあり、近隣地域のファミリーに根強い人気を誇ります。そんなあらかわ遊園に、息子2人を連れて遊びに行ってみました!

『あらかわ遊園』の子どもプールは赤ちゃんも水遊びが楽しめる!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集