可愛いお猿さんたちに会える♪『高尾山さる園・野草園』を満喫

187view
可愛いお猿さんたちに会える♪『高尾山さる園・野草園』を満喫

夏休み中のとある一日、私、夫、14歳の長男、8歳の次女の4人で東京都八王子市にある『高尾山』に行ってみました。 高尾山の登山コース途中にある『高尾山 さる園・野草園』にお猿さんに会いに行ってみようと出発しましたが、果たしてどんな体験ができるでしょうか? いざ、リフトで出発! 

  • 使ったお金:6,000円
  • 遊んだ時間:13:00~17:00 計4時間
  • 子供の年齢:14歳(おとこのこ)、8歳(おんなのこ)

2016年9月更新

リフトの高さにビックリ! やっとたどり着いた高尾山さる園・野草園!

高尾山さる園・野草園

高尾山さる園・野草園

高尾山近くで一般の方が経営している駐車場に車を停めて行きました。駐車料金ですが、概ね1,000円前後が多い印象でした。

曇り空だったのでさる園までの距離を考え、リフトを利用。8歳の娘は意外や意外、楽しんでおり、私と一緒に乗った長男の方が高さに驚いていました。

ケーブルカーもあるようなので、高所恐怖症の方はリフトじゃない方がいいかもしれませんね。高尾登山電鉄になりますが、スイカやパスモは使えませんのでご注意ください。

今回はリフトに乗って上がったので楽でしたが、リフトでもこんなに登ったのかと思う距離と高さがありました。

さる園はどこだろう? と心配しましたが、リフトから降りて少し歩いたところにあり一安心。さる園の後にどう動くかにもよりますが、汗拭きタオルやスニーカーで行った方が良さそうです。

ボスざる、赤ちゃんざる、かわいいおさるさんたちがいっぱい!

かわいいおさるさんたち

かわいいおさるさんたち

地上部分は透明の仕切り越しで見ることができ、階段を上がるとさる園全体が見渡せるようになっていました。

ちょうどおやつの時間だったようで、野菜や果物を凍らせたものを飼育のスタッフが渡しており、おさるさんたちの上下関係、食べ方の工夫などを見ることができました。

またスタッフからさまざまなおさるさんたちの習性や名前、性格のことなどの話があり、親子共々とても勉強になりました。

例年よりも多く今年は赤ちゃんが誕生し、また曇りという天候や比較的涼しいということからボスざるをはじめ、たくさんのさるや赤ちゃんざるを見ることができました。

あまり気温が高い日は外に出てきてくれないようですので、さる園をメインに高尾山にいく方は気温や天候、時間帯を気にしてみてください。

夏休み企画のスタンプラリーに挑戦! 頑張ったごほうびは何かな?

スタンプラリーに挑戦

スタンプラリーに挑戦

さる園と野草園では、今回夏休み企画としてスタンプラリーを行っていました。

スタンプを4つ集めるのですが、カード裏面はさるさんの写真になっていて、よい記念になります。スタンプは4つ集めますが、とても簡単に集められました。

出口で見せるとおさるさんの缶バッチが1つもらえました。大人にも子どもにも嬉しいプレゼント! わが家は子どもだけでなく大人もやりました。イベントがあるときにはぜひチャレンジしてくださいね。

また、カードのおさるさんについても飼育スタッフから紹介と説明があって、楽しむことができました。。

さる園の後は山頂にチャレンジ! 娘と一緒に

山頂にチャレンジ

山頂にチャレンジ

私自身10年以上ぶりの高尾山! リフトも初めてで今回のルートは全く行ったことがなく、子どもでも登れるか、私も登れるかとても不安でした。

やはり運動不足の私の方が子どもよりも息が上がり、足が前に進まない状況。大人の人も動きやすい服装と靴の用意、汗拭きタオルや水分補給をお忘れなく。

上にいくほどに自動販売機の飲み物も値段が上がり、売り切れも多くありました。なので、事前に水筒を用意しておくと安心ですね。曇っていて気温がそれほど上がらなかったので、体力も何とかもって念願の頂上へ!

頂上からの景色は曇っていて、残念な結果となりましたが、娘も私も最後まで登り切ったということで、やり遂げた充実感で大変満足できました。

そのまま頂上で、おにぎりを食べたのですが、二人ともおなかぺこぺこであっという間にたいらげてしまいました。そして最後は、山頂のパネルの柱で記念撮影! 

アソビバママが見た高尾山さる園・野草園のポイントはココ! 

高尾山さる園

高尾山さる園

高尾山さる園のおさるさんたちは、ちょうど5月~7月は出産の季節らしく、例年より今年は赤ちゃんが多めと聞いて嬉しくなりました。

気温がここ数日の中では最も涼しく、おさるさんたちもたくさん外に出てくれていたので見ごたえがありました。しぐさが人間と似ていて、思わず娘と笑ってしまいました。

お母さんざるもそれぞれ性格が皆違うようで、ベテラン母さんは子ざるが危険な時だけ注意したり、引き止めて抱っこしたりします。それ以外は野放しという感じで、人間の子育てと近い印象でした。

さるの世界特有の上下関係、ボスザルの意味などさまざまな説明もあり、勉強になりました。

ただここまで上がってくるのに歩きだと大変そうだと感じたため、リフトやケーブルカーを利用するのもいいと思いました。

文/まりこ

可愛いお猿さんたちに会える♪『高尾山さる園・野草園』を満喫

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集