ウォータースライダーやハンモックも!『川崎市子ども夢パーク』

542view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
ウォータースライダーやハンモックも!『川崎市子ども夢パーク』

全国的に酷暑の続く夏休み、平日の朝から、川崎子ども夢パークにおでかけしました。 メンバーは、私と、娘(8歳)です。目指すは、プレーパークに設置された大きな手作り遊具。ロープウェイのように滑り下りてくる「滑車ロープ」や、今年新しく設置された「ターザンロープ」に、ちょっぴりお尻の重い娘はうまく乗れるでしょうか。

  • 使ったお金:0円(外のスーパーマーケットで買ったジュース300円)
  • 遊んだ時間:9:30~12:30 計3時間
  • 子供の年齢:8歳(おんなのこ)

2016年8月更新

川崎子ども夢パーク内にお店はありません。準備をしっかりと!

川崎子ども夢パーク内にお店はありません

川崎子ども夢パーク内にお店はありません

駐車場は身障者用のみ。津田山駅から8分ほど歩くか、自転車などを利用します。

水筒にお茶と氷をたっぷり入れて持参しましたが、帰る前に飲み切ってしまいました。駅前にスーパーマーケットがあるので、飲み物・食べ物を調達していくと便利です。

広い土の地面に大量の井戸水を流して遊ぶので、泥だらけになります。汚れても構わない服装で、下着を含む着替えと、タオルを持っていきましょう。

ハチ対策に、黒い服は避けて。靴よりサンダルがおすすめです。虫よけも必須。

受付台帳に、人数と、どこの区域から来たかを記入して入ります。

よじ登ってぶら下がって滑り降りる! 手作り遊具

手作り遊具で滑り降りる

手作り遊具で滑り降りる

娘が一番乗りたがっていた、滑車ロープへゴー!

台が高くて、近くにあった木の台を使っても出発点によじ登ることができなかったので、私が後ろに回ってお尻を持ち上げてあげました。

パーク内の遊具はどれも作りが大きく、はしごや階段のないものもあります。これを自分で登る力があるならば安全に使用できるだろう、という試練なのかもしれません。

小さい子とのおでかけですと、大人の補助が必要です。

娘は何回も滑りたがったので、そのつど私がお尻を支えて、いい汗をかきました。

滑り終わったら、次の順番待ちをしている子のところへロープを運んで手渡します。

遊具に常駐しているスタッフはいないので、その場にいる親子同士で助け合って遊びましょう。

屋上にも遊び場が! 大きなハンモックでゴロゴロ

大きなハンモック

大きなハンモック

少し休憩しようと、日差しを避けて管理棟に入りました。

2階の一部は屋上で、太い柱に手作りの大きなハンモックが吊られています。少し早い時間だったのか、そこで遊んでいる子どもは他にいませんでした。

川崎子ども夢パークのピーク時間はお昼前からお昼過ぎのようです。

以前来たときは子どもが数人いて、ハンモックの四隅で交互に体を揺らし大波を作って遊んでいましたが、このときは娘一人だったので、寝そべったり、ネットを登ったりしていました。

予想以上にネットが絡みついて思うように動けないため、力の弱い幼児を入れると、アリジゴクに落ちたアリのようにかわいそうな状態になってしまいますので、ご注意を。

他の子もやってきたので、交代しました。

こんなところにも乗りたかった遊具が! 一輪車の練習ができた

一輪車の練習

一輪車の練習

管理棟の1階ピロティには机とベンチがあって、持参したランチを食べられます。

座って休憩しながらふと建物の裏を見ると、1輪車の並んだラックを見つけました。

娘はちょうど、夏休み前に学校で友達に乗り方を教えてもらったけれど、うまく乗れなかったと悩んでいました。ここなら手すりもあって、こぐ練習ができそうです。

自分に合った高さの一輪車を選んでラックから出して、自由に乗ることができます。

娘は何往復かするうちに、手すりは離せませんが、顔を上げて前を向く余裕が出てきました。

「ウチ、乗れてるでしょ、すごいでしょ! ウフフフ」と得意そうでした。

お昼過ぎまで、園内の色々な遊具を回って過ごしました。娘も私も、しっかり体を動かすことができました。

アソビバママが見た川崎子ども夢パークのポイントはココ!

ウォータースライダー

ウォータースライダー

夏の人気遊具「ウォータースライダー」。水着で遊ぶ子もいました。

全身の泥を落とすための水シャワーが屋外にあります。

テントのような小さな小屋で着替えができます。

川崎子ども夢パークは、子どもが考えて作って遊ぶことを目指す広場なので、便利なサービスはあまりありませんが、体を使って色々なことに挑戦できます。

どろんこ遊びが大好きな幼児には、安全に、思う存分土と水とを触れる貴重な場所です。

他にも、乳幼児優先の部屋や、本棚のある休憩部屋、バドミントンや卓球ができるエリアなどがあります。
受付では、ラケットや、虫取り網を借りられます。

子ども祭りや、肝試しなどのイベントがある日も。おでかけ前にホームページをチェック!


文/カズー

公式サイト:http://www.yumepark.net/

ウォータースライダーやハンモックも!『川崎市子ども夢パーク』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集