年中楽しめる『こてはし温水プール』で家族の思い出をつくろう!

1,537view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
年中楽しめる『こてはし温水プール』で家族の思い出をつくろう!

お盆休みの初日に、千葉で人気の温水プールへおでかけしました。おでかけメンバーは、私、4歳の長男と2人です。こてはし温水プールへ来たのは、予想最高気温30度を超える猛暑日を涼しく過ごすため! そして……去年は私に捕って浮かんでいただけの長男が、『しっかりとプールで遊べるようになったか』を確かめようという、ひそかな私の楽しみもありました。

  • 使ったお金:600円
  • 遊んだ時間:9時00分~11時30分 計2時間30分
  • 子供の年齢:4歳(おとこのこ)

2016年8月更新

駐車場の場所に迷うも、朝一番でスムーズに到着!

駐車場

駐車場

清掃センターの高い煙突を目印にして、マイカーで施設を目指しました。

しかし、いざ近くまで来たところで、どこが駐車場なのか少し迷ってしまいました。

途中でUターンし、ホテルの前に駐車場の入り口があるのが確認できました。

私たちが駐車場に到着したのが、開園時間10分前である8時50分ごろでしたが、この時間からすでに、こてはし温水プール前の駐車場にたくさんの車。

お盆休みの初日ということで、みなさん朝から張り切ってきているのですね。

駐車場のスペースは140台分のスペースが無料で用意されているとのこと。

実際に、奥がまだ空いていたので、9時過ぎでも駐車するところはありそうでした。

開園前ですでに長蛇の列!!

子供

子供

早速車から降りてみたところ、すでに開園を待っている人たちで入り口に長蛇の列。

子どもに促され、すでに汗をかきながらダッシュで最後尾を目指し歩きました。並ぶ人たちの中には、すでに水着・ゴーグルをつけた子どもたちもちらほら。

『最後尾』と書かれたプレートを目指して歩きました。やはり、プールシーズンは朝一番から混雑は必須のようですね。

とにかく並んでいる人を見ると、「プールで遊べるまでどれくらいの時間がかかるだろう」と、思ってしまうかもしれませんが、こてはし温水プールは千葉県内でも有数の大型温水プールです。

入場さえ済めばどんどんと人が流れていくのでご安心してください!

プールの使用料金は1人当たり一般300円、小学生以下100円、中高生200円、千葉市在住の65歳以上が250円です。

券売機では利用者人数分をまとめて買うことができず、1人分ずつの会計か、同じチケット(例えば一般2人分で600円)であれば2枚までまとめて買えますので、混雑時には事前に購入枚数の確認をしておきましょう。

いざチケットをGETプールへ

チケット

チケット

ついにチケットをGETし、待ちに待ったプールにたどり着きました。靴を脱いでロッカールームへ向かいますが、やはり中も大混雑。家から水着を着ていてよかったと思いました。

コインロッカーは夏の休日は混雑をするので、できるだけ家族でまとめて使用をするようにというアナウンスが流れていました。

また、ロッカー使用料は1回10円で、お金は戻ってきません。10円もしっかりと用意をしておいてください。

室内には、子ども用の小さなプール、打たせ湯のようなものや、カーブありの本格的に楽しめる大型のウォータースライダー、ジャグジー、流れるプール、25mプールは自由遊泳用、上級者用、中級者用と、3レーン用意されています。

室外には、ストレートに滑っていく小さめの滑り台と、小さなプールがあります。ちなみに、室内外ともにウォータースライダーは、小学生以上からの年齢制限があります。

また、未就学児1人につき、大人1人の付き添いが必要になります。

小学生以上になれば大人1人で数人を連れていてもいいですが、小さな子どもの場合には制限があるので気を付けてくださいね。

プールあがりにはアイスがおいしい!

アイス 子ども

アイス 子ども

プールからあがったあとはのどが渇きますね。私も子どもも、「何か冷たいものが食べたい」と思っていたところ、ロッカールームを出た先にジュースとアイスの自動販売機がありました。

やっぱりアイスは一番の人気で、私たちが食べている横でも、多くの子どもと親御さんたちが、冷たいアイスに舌鼓を打っていました。

そのほかにも、売店にアイスやかき氷、コーヒーやソフトドリンク、それに焼きそばやおにぎりといったちょっとした軽食も置いてあります。

ちょっと歩きますが、駐車場を出たところにもコンビニがあるので、たくさん遊びすぎてどうしてもおなかが減ってしまった…というという場合も焦ることはありません。

今回は混雑していたので、入場できたのが9時10分ごろ、着替えを終えて出てきた11時ごろでした。2時間たっぷりと親子2人で遊び大満足です。

アソビバママが見た、こてはし温水プールのココがポイント!

子ども

子ども

こてはし温水プールは子どもたちにぴったり。プール以外にもたっぷり楽しめる、貴重な学び・エンターテイメント施設となっています。

多目的ホール・研修室では、小さな縁日、野菜の産直販売がある日も。気になる人はタイミングを合わせてプールへ足を運ぶといいでしょう。

催し物が何もない日には、プールの外周を少しお散歩しませんか。

プールを取り囲むように自然が広がり、プールの裏には鯉が泳ぐ小さな人口池もあります。

周囲の道は、車いすやベビーカーでも通りやすいように舗装されていて、少し足を延ばせば花見川のせせらぎを感じることができます。

プールに入れないおむつが外れていない子どもがいる家庭は、上の子どもをプールに入れている間に、ぶらぶらとお散歩・室内イベントに参加をしてみるというのも、おすすめの楽しみ方です。

少なくとも、プール脇で2時間見ている過ごし方よりも、リラックスできて楽しいのではないかと思います!

文/ちーやんまま

年中楽しめる『こてはし温水プール』で家族の思い出をつくろう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「千葉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集