『タイヤ公園(西六郷公園)』はタイヤで作った8mものゴジラが!

381view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『タイヤ公園(西六郷公園)』はタイヤで作った8mものゴジラが!

週末の休日に、タイヤで作られたゴジラで有名な東京都大田区、蒲田駅から徒歩15分くらいのところにある西六郷公園、通称『タイヤ公園』におでかけしました。 おでかけメンバーは私、長女(4才)の2人。なぜタイヤ公園に来たかというと、京浜東北線の中から線路沿いに見えるタイヤの公園が気になっていたからです。はたして、どれぐらい遊べるのでしょうか?

  • 使ったお金:0円
  • 遊んだ時間:12:00〜13:30 計1時間30分
  • 子供の年齢:4歳(おんなのこ)

2016年10月更新

大人気の『タイヤ公園」、朝からたくさんの人で大賑わい!

タイヤ公園

タイヤ公園

電車でおでかけしたのですが、JR蒲田駅から徒歩15分くらい歩く場所にありますが、線路沿いに真っ直ぐ歩いていけば迷うことなく行くことができます。

近くにコンビニはないので、食べるものなどが必要な場合は買って持って行ったほうがいいと思います。

自動販売機は公園の近くにあるので、飲み物は大丈夫です。

公園のすぐ目の前に臨時駐輪場として自転車を50台ぐらい停められそうなスペースがあったので、自転車でおでかけするのも楽しそうです。

駐車場は近くにはないので、車で来るのは避けた方が良いかもしれません。

いざ、タイヤ公園で遊んでみよう!

遊んでみよう

遊んでみよう

幅の広い滑り台があり、タイヤを使って滑ることができます。滑り台の下にいろいろなタイヤが多数置いてあるので、足りないということはなさそうです。

滑り台は意外にも急なので、初めて来たという子は、大人と一緒に滑ったほうが良さそうです。

そしてタイヤに乗って滑ると、思ったよりもスピードが出ます。

タイヤに乗っているとバランスを取ることが難しく時々転んでしまう人もいたので、小さなお子さんは気を付けましょう。

滑るのが怖いという子もたくさんいて、その子たちは裸足になって坂を上って遊んでいました。上から滑ってくる子もたくさんいるので、ぶつからないように大人が注意してあげましょう。

滑り台のあとは、タイヤのジャングルジム

タイヤのジャングルジム

タイヤのジャングルジム

まだまだ遊ぶよ!たくさん遊べるものがあって迷っちゃう?!

たくさん遊べる!

たくさん遊べる!

ジャングルジムで遊んだあとは、もっともっと体を動かす遊び。ここではタイヤが5つぐらい設置してあって、吊り橋形式になっていて、動くタイヤの上を端から端まで渡っていきます。

意外にもタイヤがぐらぐらと動くので、バランス感覚を養ってくれそうな感じです。

またタイヤが縦に並べてあって、それを上っていきます。
これはタイヤとタイヤの間隔が結構開いているので、背の低い子どもにはかなり大変そうです。

足がなかなか届かずにすぐに飽きてしまったようです。

ですが次のタイヤのブランコを見つけて目がキラキラ。

座る部分がタイヤになっているという面白いブランコ。お尻がタイヤの中に入ってしまって、大笑いしていました。

アソビバママが見た『タイヤ公園』のポイントはココ!

ランチスペース

ランチスペース

『タイヤ公園』は、日差しを避けられるところに設置されているベンチがかなり少ないです。

大きなテーブルに長椅子が設置されていますが、なかなか空かないので、お昼の時間帯はほぼ座れないと思った方がいいでしょう。

私たちはお昼の時間からは少しずらしたので、タイミングよく空いた席に座って、そこで買ってきたお昼ご飯を食べることができました。

公園の周りにもベンチが設置されていますが、そこは日影にはならず日差しを避けられないので、日差しが強い季節におでかけする際には帽子は必ず持っていったほうが良いと思います。

トイレと水道は設置されているので、安心して思いっきり遊ぶことができます。

文/Wakko

『タイヤ公園(西六郷公園)』はタイヤで作った8mものゴジラが!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集