日本一遅いジェットコースターも!子供に優しい『あらかわ遊園地』

1,168view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
日本一遅いジェットコースターも!子供に優しい『あらかわ遊園地』

平日のお昼に、1歳(長女)と私の2人で、日本で一番遅いジェットコースターがあり都電の歴史が学べる『あらかわ遊園地』(東京都荒川区)におでかけしました。 最近、乗り物に興味がわいてきている娘を楽しませたくて、年齢制限がない乗り物があってリーズナブルな『あらかわ遊園地』を選びました! 1歳の子どもでも乗れるものは、どんな乗り物なのでしょう?

  • 使ったお金:720円(入園料:200円、乗り物代:400円、ランチ420円)
  • 遊んだ時間:12:00~16:00 計4時間
  • 子供の年齢:*1歳(おんなのこ)

2016年11月更新

都電で『あらかわ遊園地』へ!迷わず到着

あらかわ遊園地

あらかわ遊園地

都電で荒川遊園地前駅に向かったのですが、都電は小さめな電車なので、ベビーカーを広げたまま乗るのは難しいと思いました。

私たちが乗った電車は混んでいたので、乗る前に折りたたんで乗りました。

ベビーカーは乗る前に折りたたんだほうがスムーズに乗れます。

駅からは同じ目的地に向かう人たちが多く、その流れに沿って歩いているうちに着きました♪

入り口のところに、券の販売機があるのですが、どんなところか分からなかったので、大人の入場券(200円)だけ購入し、中に入りました。

入場券があれば再入場ができるようなので、念のためしっかり財布にしまっておきました。

『あらかわ遊園地』の周辺には、たこせんべいで有名なお店があったり、グルメなお店が多いので、外で食べたりしてもいいですね!

年齢制限なしで乗れる、豆汽車・メリーゴーランド・観覧車♪

年齢制限なしで乗れる、豆汽車・メリーゴーランド・観覧車♪

年齢制限なしで乗れる、豆汽車・メリーゴーランド・観覧車♪

何歳でも乗れる乗り物をみつけ、乗り物券を販売機で購入!

乗り物券は2歳以上からなので娘は無料でしたし、たくさん乗らないので乗り物券は1枚ずつ買いました。

園内を走る「豆汽車」が一番人気のようで、乗り終わって降りないといけない子どもが「もっと乗るー!」と泣いているほどでしたので、私たちも乗ることにしました。

そして、いざ出発♪

ゆっくりのスピードで走っていく汽車が、動物園の横を走り、動物園のほうからは見られない裏側が見られたり、踏切待ちの人たちが手を振ってくれたりして、とっても楽しんでいました。

次はメリーゴーランド! 馬や馬車があり、早い者勝ちでみんな選んで乗っていきました。馬に乗る場合は、保護者が横で支えていないといけないようです。

乗る場合は、気を付けてください。もっと小さい子どもの場合は、ちゃんと座れる馬車が安心だと思いました。

遊園地の中の動物園!近くでふれあえる動物たち

近くでふれあえる動物たち

近くでふれあえる動物たち

乗り物を満喫したあとは、「どうぶつ広場」へ向かいました。

展示されている動物たちは、ミーアキャットやニホンザル、カピバラ、ポニー、牛や鳥など種類も豊富で、遊園地なのに動物園に来ているような気分を味わえました。

近くで動物たちを見られる「ふれあい広場」では、ヤギ、ヒツジ、クジャクが自由に動いていて、触ってもいいとのことでしたので、撫でたりヒツジのモコモコの毛に指をうめてみたり、クジャクにもふれることができ、貴重な体験ができました。

隣のモルモットとうさぎのコーナーでは、モルモットを膝の上にのせられたり、専用のエサを購入すれば直接食べさせたりできます。

ですが、短い時間で動物たちの休憩時間もあるので時間はチェックしておいたほうがいいです!

それと、やぶ蚊が多かったので、虫よけは持参しておいたほうがいいと思います。

小さな子どもが遊ぶには最適な水遊び広場♪

最適な水遊び広場♪

最適な水遊び広場♪

「ちびっこ広場」では、小さい子どもでも楽しめる飛行機の形の滑り台やふわふわしたマットがあり、その周りにはベンチや売店があり、遊ばせながら休憩できるようになっていました。

「ちびっこ広場」の横にお手洗いがあり、ベビーカーのままで入れる多機能トイレ付でした。ミルクのお湯や授乳は、管理事務所で対応してくださるそうです!

一通り遊んだあと、帰ろうと思いましたが、「水あそび広場」を発見!

この日は季節外れの暑さでしたし、1歳の娘でも遊べるような浅さでしたので、ズボンを脱がせてジャバジャバ♪

ここは、隅田川の水を汲み上げて、浄化して流しているようで、とてもキレイでした!
ゆるやかな坂に深さを変えて流れるような作りで、安心して遊ばせられました。

もし、水遊びもするようでしたら着替えは必要です! それと、川のそばにオムツを捨てられるゴミ箱も設置してあり、濡れたオムツを捨てられるところがあるのは、とても助かりました。

アソビバママが見た『あらかわ遊園地』のポイントはココ!

フリーパス

フリーパス

『あらかわ遊園地』には、入場券と乗り物券16枚がセットになったセット券(1300円)や、乗り放題のフリーパスもありますが、3歳未満の子どもが乗れるものは少ないので、セット券や回数券のほうが良いそうです。

豆汽車に何度も乗りたがっている子どももいたので、そういう場合はセット券のほうがいいですね♪

乗り物券は、余ったら次回でも使用できるので捨てないように気をつけてください。

『あらかわ遊園地』は都電の歴史が学べるように資料館もあり、土日祝にはNゲージの運転もできるそうです!

売店も2つあり、メニューが違うので好きなほうで食べるのもいいですが、日差しが強くて暑いときはキャンディハウスがおススメです!

2階で食べられるのですが、真夏はエアコンがついているので涼みながら食べられます♪

文/かしみ

日本一遅いジェットコースターも!子供に優しい『あらかわ遊園地』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集