『那須どうぶつ王国』は積極的に動物と触れ合える動物園!

528view
『那須どうぶつ王国』は積極的に動物と触れ合える動物園!

動物好きなお子さまがいらっしゃるご家庭のレジャーにオススメなのが、栃木県那須にある『那須どうぶつ王国』です。広大な敷地に、一日では回り切れないほどたくさんの動物がいます。えさやり体験ができたり、直接触れたりする動物も多くいて、動物が怖いお子さまでも自然と動物と仲良くなれますよ。子どもはもちろん、大人が見ても楽しめるショーもあり、何度も足を運びたくなる動物園です。

那須どうぶつ王国とは?

 (64660)

那須どうぶつ王国はテーマパーク形態の動物園です。もともとイヌやネコの展示を主体として開国したテーマパークで、ライオンやトラなどの猛獣が一切飼育されておらず、草食動物、鳥類などを中心としているのが一番の特徴です。

那須どうぶつ王国で飼育されている人気の動物は、アルパカ、アリクイ、ナマケモノ、オニオオハシなどの鳥、ペンギンなどです。
基本的にどの動物も驚くほど近くで観察することができます。

たくさんの種類の動物に会えるので、子どもから大人まで多くの観光客が訪れています。

電車で行くなら無料のシャトルバスを利用しよう

電車アクセス

電車を利用する場合、降車駅は二通りあります。
ひとつめは、JR東北新幹線・東北本線の那須塩原駅。もうひとつはJR東北本線の黒磯駅です。

どちらの駅で降りても、那須どうぶつ王国まではシャトルバスが利用できます。
シャトルバスは無料で利用できますが、予約制になっているので、利用する前日の17:00までに予約を入れましょう。
駅から那須どうぶつ王国までは、70分ほどで到着します。

私たちは今回、那須塩原駅を利用しました。駅からバス停までは、改札を出て西口の出口から向かうことができます。駅の構内にバス停への行き方について書かれた案内表示がたくさんあるため、迷うことはないかと思います。

 (64665)

シャトルバスは那須どうぶつ王国のすぐ近くの駐車場に停まります。
駐車場からそのまま徒歩数分で入園する事ができます。

車アクセス

仙台方面から車で行く場合は、白河インターから約15分。
東京方面から行く場合は、那須インターから約30分でアクセス可能です。

また仙台方面からでも東京方面からでも、那須高原サービスエリアのETC専用出入り口から那須どうぶつ王国へ向かうこともできます。
那須高原サービスエリアからは15分ほどで到着します。

那須どうぶつ王国の入国料

 (64670)

■入国料 (2018年3月11日~12月2日まで)
王国パスポート大人(中学生以上):2,400円
王国パスポートこども(3歳~小学生):1,000円

■BBQ食べ放題と入国セットプラン (2018年3月11日~12月2日まで)
大人(中学生以上):3,700円
こども(小学生):2,000円
幼児(3歳~未就学児):1,300円

■冬季入国料 (2017年12月4日~2018年3月16日)
王国パスポート大人(中学生以上):1,200円
王国パスポートこども(3歳~小学生):700円

■年間パスポート (発行日から1年間有効)
大人(中学生以上):8,000円(2018年3月17日以降の価格です)
こども(3歳~小学生):3,000円
※大人用の年間パスポートには、駐車場料金が含まれます(初回の駐車場料金はかかります)。

■駐車場 有料(2,000台)
・乗用車以上:700円
・バイク:300円
※冬季の駐車場料金は無料です。

このほか、団体用の様々なプランも用意されています。
詳細は公式サイトでご確認ください。

動物といっぱいふれあおう 圧巻のショーも見逃せない!

イヌやネコのようなペットとして飼われている動物から、牧場で暮らしている動物、さらには猛禽類まで、たくさんの種類の動物に会える那須どうぶつ王国。

ここでしか味わえないような貴重な体験もあり、一日で素晴らしい思い出が作れること間違いなしです!

そんな那須どうぶつ王国の見どころをご紹介します。

雨の日でもゆっくり見られる「王国タウン」

 (64675)

那須どうぶつ王国に入ると「王国タウン」と「王国ファーム」に分かれています。

王国タウンは屋内施設が中心です。
動物たちを近くで見ることができるだけでなく、動物とのふれあいやエサやりの体験もできます。

王国タウンの中にはふれあいドッグパークがあり、ここでは大型犬とふれあうことができます。ワンちゃんをレンタルし、園内を散歩させることもできますよ。
20分間で800円ですが、十分に楽しめるでしょう。

大型犬とはいえ、人に慣れているので安心して散歩することができます。
うちの息子も最初は怖がっていましたが、すぐに仲良しになりました。

牧場エリアで動物たちとふれあえる「王国ファーム」

 (64678)

王国ファームは那須の大自然に囲まれた草原を中心に雄大な風景を楽しめます。
アルパカやウマ、ヒツジなどの動物にふれあうことができますよ。

世界最大の猛禽類「アンデスコンドル」、アメリカの国鳥「ハクトウワシ」なども展示されているので見てみましょう。土日限定ではありますが、アンデスコンドルにエサをあげることもできます。

動物のショーやふれあいを体験できる王国ファームですが、天候によっては中止になることもあるようです。
また、場所を変更して行われることもあるのでチェックしておきましょう。

圧巻の「バードパフォーマンスショー」

 (64681)

数あるショーの中でも、圧巻のパフォーマンスと話題なのが「バードパフォーマンスショー」。
ファームイベント広場で行われている猛禽類のショーです。

特にハヤブサによるショーは、多くの観衆をあっと驚かせます。
ハヤブサはすべての猛禽類の中でも最速の飛行スピードを誇っており、高空から急降下した時のスピードは、時速300キロ以上も出るといわれています。

ショーでは、そんなハヤブサの飛行スピードを活かした狩りを堪能できます。
飼育員がハヤブサの前でエサのルアーを振ると、それをめがけて圧倒的な速さで飛んでくるのです。その迫力は本当にびっくりすること間違いないです。

さらに、羽音を立てないで低空飛行を行うワシミミズク、色鮮やかな体が特徴のコンゴウインコのショーも見られます。

普段見る事がない鳥たちの圧巻のパフォーマンスは、子どもたちに感動を与えてくれるでしょう。

カピバラといっしょに温泉に入ることができる「カピバラの湯」

 (64684)

那須どうぶつ王国のメインとも言えるのが、カピバラと混浴気分を味わうことができる温泉です。

露天風呂がカピバラ専用で、内風呂が人間用になっています。
ガラスの向こうにはカピバラが温泉に入っている姿を見ることができますよ。
愛らしい姿を見ながらいっしょに入る温泉は格別。



那須どうぶつ王国の見どころは、下の記事でさらに詳しく紹介しています。
こちらもぜひご覧ください!

『那須どうぶつ王国』の見どころ紹介 カピバラと温泉に入ろう! - アソビバ

『那須どうぶつ王国』の見どころ紹介 カピバラと温泉に入ろう! - アソビバ

『那須どうぶつ王国』は、カピバラとの混浴気分を楽しめる「カピバラの湯」をはじめとして、動物とのユニークな体験ができる動物園です。展示されている動物を眺めているだけじゃ味わえない、貴重な時間を楽しんでみませんか? ふれあいやエサやりなどの体験に、芸達者な動物たちによるショーもありますよ!

バーベキューやレストランなど食事できるお店も豊富

 (64687)

王国内には、子どもたちが昼食を思う存分楽しめる飲食店が豊富にあります。

 (64689)

中でも王国タウンの奥にある「バーベキューガーデン」は、バーベキューを楽しめると大人気です。バーベキューは、食べ放題で大人1960円 子ども1300円 幼児500円とすごくリーズナブルな価格です。

バーベキューの食べ放題では、ビーフ、ポーク、チキン、ラムなどの肉はもちろん、にんじん、とうもろこしなどの野菜が味わえます。その他にも、ライス、みそ汁、プリン、ケーキなどのデザートも全て食べ放題となっています。

特に子どもたちにはハーブ入りのソーセージがとても人気で、大量に食べていたのがすごくおもしろかったです。平日での利用は時間制限がまったくないので、思う存分、お腹がいっぱいになるまで食べることができます。

そして、「バーベキューガーデン」では、天気の良い日はテラス席で那須の眺望を眺めながら食事を楽しめるのも魅力です。
美しい景色を満喫しながら食べる食事は、とても美味しく、思い出に残りました。

赤ちゃん用のベビーチェア、子ども用の椅子もきちんと完備されていたので、体が小さく、身長が低くても安心して利用できます。
小さなお子さま連れにもおすすめのお店です。

赤ちゃん連れも安心! お役立ちの設備情報

トイレにはおむつ交換台を設置

那須どうぶつ王国の入口から少し進んで右手に、おむつ交換台がある施設があります。
おむつを替えられるスペースは2つあるので、それほど待つこともなく、すぐに替えることが可能です。

 (64694)

さらに那須どうぶつ王国では、王国内にある3つの普通のトイレにもおむつ交換台が設置されています。
こちらもきちんと仕切りがあるので、他の利用者を気にせずおむつを交換できます。

トイレには、子どもが快適に用を足せるようにこどもトイレもあります。

授乳室はあるの?

 (64697)

入り口のすぐ横にあるセントバーナードの裏に授乳室があります。ピンクの看板が目立つように掲げられているので、どこにあるのかすぐに分かります。

 (64699)

室内は3つのスペースがあり、1つ1つにお母さんが座れる椅子、物を置ける台が設えられています。きちんとカーテンで仕切られているので、周りの人に見られることなく、赤ちゃんにミルクをあげることが可能です。

また、粉ミルクを使う場合は、ミルク用のお湯を近くのレストラン「カフェモンサンク」でもらう事が可能です。さらに、離乳食をお持ちのお母さんは、レストランのスタッフに頼めば温めてもらえます。

ベビーカーもらくらくのバリアフリー!

「那須どうぶつ王国」では、入国ゲートで車いす及びベビーカーの貸し出しを行っています。車いすは無料でレンタル可能ですが、ベビーカーの場合500円のレンタル費用がかかります。

王国内は、車いすなどで来国するお客さんが不自由なく楽しめるようにバリアフリーとなっています。段差が全くないので、車いすやベビーカーでもスムーズに移動することも可能です。

また、ベビーカーの預かりサービスも行っています。入り口で、職員に依頼すればすぐに預かってもらえます。

無料で使える休憩スポット

 (64704)

那須どうぶつ王国には、王国ファームのバス停前に「カフェポニー」という無料で休憩できる場所があります。周りにかわいらしいポニーがいる自然豊かな場所です。店の見た目は西洋風のオシャレな外観になっていて、すごくアットホームな雰囲気です。

カフェポニーの座席数は、店内に15個、テラスに50個とたくさんあります。特に天気のいい日にテラス席を利用すれば、美しい自然の景色、心地よい風を体感できます。

 (64706)

土日祝日、夏休みなどには、ソフトクリーム、ベーコン炭火焼きなどの軽食も楽しめるので便利です。

他にも、園内のあちこちにベンチがあり、気軽に休息できるようになっています。

動物との充実した思い出が作れる王国

 (64709)

「那須どうぶつ王国」は、動物がたくさんいるだけでなく、「ふれあいドッグパーク」、「キャットハウス」、ヒツジやカンガルーへのエサやりなど、子どもが直接動物と触れ合えるコーナーが充実していました。

動物によるショーも多く、「バードパフォーマンスショー」のほか、牧羊犬と羊飼いのコンビネーションが素晴らしい「ニュージーランドファームショー」も見ることができました。うちの息子も牧羊犬のすごさに興奮していましたよ。

オットセイが高い身体能力を披露する「アクアステージ」も大人気です。
オットセイに輪を投げると上手にキャッチしてくれるパフォーマンスは、子どもたちのテンションが高まります。

そしてカピバラと入浴できる「カピバラの湯」は、他の動物園では絶対に体験することができません。
貴重な思い出になること間違いなしなので、ぜひ一度訪れてみてください。

施設情報

住所:栃木県那須郡那須町大島1042-1
電話番号:0287-77-1110
営業時間:
平日/10:00〜16:30
土日祝・特定日/9:00〜17:00
冬期/10:00〜16:00
※冬季は王国タウンエリアのみの営業となります。王国ファームエリアはお休みです。
公式サイト:http://www.nasu-oukoku.com/

『那須どうぶつ王国』は積極的に動物と触れ合える動物園!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「栃木」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集