『入間市博物館ALIT』で歴史を学ぼう!子ども科学室も見所★

162view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『入間市博物館ALIT』で歴史を学ぼう!子ども科学室も見所★

埼玉県入間市にある『入間市博物館ALIT』博物館と聞くと大人向けの書物や展示が多いというイメージですが、「子ども科学室」という部屋があると聞いて1歳9ヶ月の子どもと2人で10月におでかけをしました。 実験や工作を学ぶことができるサイエンスバーや、地域に合ったイベントなどもたくさん催されている施設だそうです!

  • 使ったお金:200円
  • 遊んだ時間:11:40~12:40 計1時間
  • 子供の年齢:1歳9ヶ月(おとこのこ)

2016年11月更新

『入間市博物館ALIT』の正面入り口を探して敷地の周りをグルグル

入間市博物館ALIT

入間市博物館ALIT

今日は車でおでかけをしました。

瑞穂町方面から国道16号線を走っている場合、カーナビ通りに道に入ると『入間市博物館ALIT』の裏側に出るようになります。

入間市側から走っていると、正面入り口に出ます。
裏口も比較的きれいだったため、最初は正面入り口と間違えてしまいました。

駐車場がないな……と思いながら迷いそうになりましたが、小さな張り紙があり裏口ということに気付きました。

正面入り口はとても広く、『入間市博物館ALIT』という施設名称が大きく入っています。

また、入ってすぐのところに無料駐車場がありますので目印にしてみてください。

『入間市博物館ALIT』には授乳室やオムツ交換をする部屋もあり、赤ちゃん連れでも気軽におでかけできる場所だと感じました。

まずは子ども科学館で遊びながら科学について学ぼう!

子ども科学館

子ども科学館

2階の入り口を入ってすぐのところが「子ども科学室」になります。

1階にある入り口を通ったときは眠たそうでグズグズしていましたが、科学室に入った瞬間に突然歩き出して遊びまわりました。

毎週土曜日にはサイエンス・バーというイベントがあり、科学にまつわる色々な実験を見せてもらえます。

今日は、滑車の働きというイベントでしたが、1歳9ヶ月の子どもには難しそうだったため通常展示されている実験ブースで遊びました。

機械をクルクル回すと、見えないはずの色が浮き出てくるという「色イロ円盤」は、小さな子どもでも回しやすかったのですが、円盤が見えにくいので、たくさん回した後に抱っこをするというのを繰り返して見せてあげると良いと思います。

自然・歴史・茶の世界を探検しよう!

自然・歴史・茶の世界を探検しよう!

自然・歴史・茶の世界を探検しよう!

お昼時ということもあり、見学をしているのは私たちだけだったためゆっくりと見ることができました。

『入間市博物館ALIT』の展示物は、自然・歴史・茶というカテゴリーに分かれています。

土器、蚕、戦争についての展示がありますが、マンモスの足跡や剥製などもあり、子どもが興味を示す展示物も多くありました。

お茶の世界のブースでは、日本茶や紅茶の歴史が学べてイギリスについての紹介や展示物も多くありました。

中でも子どもが注目をしていたのがお茶のクイズです。

お茶ブースに入ってすぐのところにありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。
烏龍茶、緑茶、紅茶を自由に触って香りを嗅いでクイズをすることができます。

不思議!ボールが上に転がるのはなぜ?

ボールが上に転がるのはなぜ?

ボールが上に転がるのはなぜ?

子どもにとっては「子ども科学室」が楽しかったようで、もう一度戻りたい! というアピールが強かったです。
退館する前に、もう一度戻ることにしました。

10種類ほどの遊びを体験することができるのですが、子どもが特に興味を示したのは「わがままボール」というもので、坂道なのにボールが上方向に向かって自然に動くというブースでした。

置くだけで勝手に動くので不思議そうに見たり、ボールを触ったりしながら遊びました。

大人の私でも不思議に感じて、一緒になって遊んでしまいました。
少し重さのあるボールなので、足の上に落とさないように気をつけた方が良いと思います。

1歳の子どもから、小学校高学年くらいの子どもまで楽しく遊べる場所だと感じました。

アソビバママが見た『入間市博物館ALIT』のポイントはココ!

入間の自然

入間の自然

「子ども科学室」の次の部屋は「入間の自然」になっています。

加治丘陵の森を再現しているジオラマや、150万年前に入間市内で発見されたゾウの足跡の化石などが展示されています。

よくできているジオラマで、本物の森にいるような気分になれると思います。
懐中電灯が用意されていて、灯りをつけて動物を観察するようになっています。

鷹やタヌキは目立つので分かりやすいですが、懐中電灯でよく見るとカブトムシ、かたつむりなども発見できるので注目してみてください。

少し薄暗い部屋なので、1歳9ヶ月の子どもは怖がってずっと抱っこをしたままだったのですが、もう少し大きなお子さんでしたら率先して動物探しをしてくれると思います。

文/アップル

『入間市博物館ALIT』で歴史を学ぼう!子ども科学室も見所★

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「埼玉」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集