冬でも花の景色を満喫!子供と行きたい関東のおすすめスポット6つ!

1,674view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKおでかけと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

冬でも花の景色を満喫!子供と行きたい関東のおすすめスポット6つ!

寒さが厳しくなると外出するのも億劫になりますが、冬でも美しい花が見られる場所があったら行ってみたいと思いませんか。花を観賞する以外に子供が喜ぶ施設が充実しているところもあり、家族のおでかけにもピッタリです。今回は、関東で冬でも花の景色を満喫することができるおすすめのスポットを紹介します!

あしかがフラワーパーク

花の状況 | パーク便り | あしかがフラワーパーク (11787)

四季折々の花が楽しめる楽園で、樹齢150年以上のオオフジやフジのトンネルなどの規模の大きな美しい光景を見ることができます。

バラやクレマチス、シャクナゲやハナショウブ、スイレンなどが鮮やかに園内を彩り、一年のほとんどを花に包まれて過ごすことができます。

冬になると「日本夜景遺産」関東三大イルミネーションにも認定されている光の花が訪れる人を魅了するスポットとなります。

今年で15回目となるイベントでは、350万球を超えるイルミネーションがバラやフジ、スイレンとなって鮮やかな光を放ち、幻想的な光景が広がります。

秋バラやアメジストセージが咲き誇り、光との競演も見応えがあります。

●住所:栃木県足利市迫間町607
●アクセス:[電車]JR両毛線「富田駅」より徒歩13分[車]東北道「佐野藤岡IC」から国道50号経由、18分
●営業時間:昼の部9:00~15:00 夜の部15:30~21:00※季節によって変動
●料金:
大人 600円 800円(夜) 
子供 300円 400円(夜)
●開催時期:不定休
●公式サイトURL:http://www.ashikaga.co.jp/index.html

城峯公園

冬桜 | 神川町観光協会 (11783)

神流湖を眼下に望む高台に位置する公園で、神泉エリアの観光の中心地でもあります。

首都圏自然歩道のひとつ、「関東ふれあいの道」のコースとしても指定されていて、春には、吉野桜や八重桜、つつじ、さつきなどが目を楽しませてくれます。

公園内には、冬桜600本あまりが植えられていて、10月下旬からが見頃のピークとなり、珍しい冬の花を楽しむことができるスポットとしても人気です。

寒さが厳しさを増すなかで、薄紅色の可憐な花を長く咲かせる、けなげで美しい光景に感動する人も多くいます。

園内にはアウトドアを気軽に楽しめるキャンプ場もあり、空気が澄んだ夜空に満天の星を見ることもできます。

●住所:埼玉県児玉郡神川町矢納1277-3
●アクセス:[電車]JR高崎線「本庄駅」(南口)→朝日バス「鬼石町役場」行き→鬼石郵便局前下車、40分 [車]関越自動車道「本庄・児玉IC」国道462号線経由、50分
●料金:
無料
●開催時期:
●公式サイトURL:http://www.town.kamikawa.saitama.jp/kanko/spot/jouminep.html

茨城県フラワーパーク

ベゴニア・ダリア展 | 花と緑の楽園 茨城県フラワーパーク (11779)

30haの広大な敷地を誇る花と緑に囲まれた公園で、人々の憩いの場として人気です。

「バラテラス・品種園」では、世界各国のバラが650品種という多種多様な色や形で咲き乱れる光景を目にすることができます。

ボタンやアジサイ、フクジュソウなどにエリア分けされた四季の花々のほか、温室では季節を問わず3000本もの熱帯植物を観賞することができます。

11月でもバラやパンジー、ビオラやサザンカなどが咲き乱れ、冬にこれほどの花が楽しめる場所はあまりないと多くに人が訪れています。

大きな花の滑り台やアスレチックなど、子供が喜ぶ施設も充実しているので、家族でのおでかけにもピッタリです。

名称:茨城県フラワーパーク
●住所:茨城県石岡市下青柳200
●アクセス:[電車] JR常磐線「石岡駅」→ 車で約20分/バスで約30分 常磐自動車道「千代田石岡IC又は石岡小美玉スマートIC」より約20分 常磐自動車道「土浦北IC」より約15分 北関東自動車道「笠間西IC」より約25分
●営業時間:9:00~17:00(2月~11月) 9:00~16:00(12月~1月)
●料金:
大人 740円※12月~3月・8月は370円 
子供 370円※12月~3月・8月は190円
●開催時期:定休日 月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その翌日)、12月27日~1月1日
●公式サイトURL:http://flowerpark.or.jp/

房総フラワーライン

日本の道100選(房総フラワーライン) | 館山市役所 (11775)

温暖な気候で知られている房総の館山市から南房総市までの海岸線の道路がフラワーラインと呼ばれていて、初夏からは様々な花が咲き乱れて目を楽しませてくれる絶好のドライブコースとなっています。

途中、伊戸から相浜までの6㎞ほどの区間は、「日本の道百選」にも認定されていて、歩いて景色を楽しめるスポットとしてもおすすめです。

冬真っただ中となる1月には菜の花畑が黄色に染まり、真冬に春の花を楽しめる貴重なスポットでもあります。

フラワーラインの周辺には、灯台や館山ファミリーパーク、南房パラダイスなどの観光スポットが数多くあるので、子供連れのおでかけにもピッタリといえます。

●住所:千葉県館山市
●アクセス:[車]館山道「木更津南IC」よりR127経由、館山方面へ2時間
●公式サイトURL:http://tateyamacity.com/archives/292

桜山公園

群馬県藤岡市|花情報 (11771)

群馬県の森林公園と藤岡市の公園を併せた広大な敷地を誇る公園で、本格的な池泉回遊式庭園や庭づくりのモデルとなる見本庭園などがあり、四季の移ろいを感じることができる自然豊かなスポットです。

美しい庭園を眺めながら一服のお茶を楽しめる本格的な茶室があり、優雅で厳かな時間を過ごすこともできます。

「桜山まつり」などのイベントが行われる広大な芝生広場は、子供連れのピクニックでも利用できるおすすめの遊び場です。

この公園では、冬の寒さが厳しくなる11月以降に花びらをつける珍しい冬桜が7000本あまりも植えられていて、珍しい冬の花の名所として人々の目を楽しませています。

●住所:群馬県藤岡市三波川2166-1
●アクセス:[電車] JR高崎線「本庄駅」、JR八高線「丹荘駅」→朝日バス「神泉総合支所行き」→「鬼石郵便局バス停」(本庄駅から約40分、丹荘駅から約20分) JR高崎線「新町駅」、JR八高線「群馬藤岡駅」→日本中央バス「鬼石郵便局行き」または「上野村ふれあい館行き」→「鬼石郵便局バス停」(新町駅から約40分、群馬藤岡駅から約20分)[車]「 本庄・児玉IC」より国道462号を群馬県方面へ約40分 「藤岡IC」より前橋長瀞線、国道462号線を経由、鬼石方面へ約40分
●料金:無料
●公式サイトURL:
http://www.city.fujioka.gunma.jp/kakuka/f_onishi/sakurayamakouenn.html

水仙ロード

をくづれ水仙郷 & 佐久間ダム湖|南房総鋸南町 水仙と桜の名所 (11767)

鋸南町は水仙の日本三大群生地のひとつに数えられる水仙の里として知られており、出荷数でも全国でトップとなっています。

水仙ロードがある江月地区では、12月下旬頃から道路沿いの斜面に数十万本という規模で水仙が咲き乱れます。

穏やかな地形が続くこのあたりは、散策道がきちんと整備されているハイキングコースとしてもおすすめで、家族で歩きながら花の色や香りを楽しむのもおすすめです。

1月には、水仙まつりが開催され、水仙が咲き乱れる道沿いで地元農家が生産した農産物の販売が行われ、真冬に咲く花を愛でながら買い物を楽しむことができます。

子供と一緒におでかけして、一足早い春の訪れを感じてみてください。

●住所:千葉県安房郡鋸南町
●アクセス:[電車]JR内房線「保田駅」から徒歩15分
●営業時間:
●料金:
●開催時期:見頃 12月~2月
●公式サイトURL:
http://kyonan-info.jp/kyonan/shosai/index?languageflg=jp&daibunruiflg=030&chiikijohocd=0000000004

寒さが厳しい冬に花を見られる景色というとピンとこられない方も多いでしょうが、関東にはそんな珍しい魅力的なスポットがいくつもあり、また、子供が遊びに夢中になれる施設が整っているところもあります。冷たい風のなかでも可憐で美しい花を咲かせているとっておきのスポットに家族でおでかけしてみませんか。

冬でも花の景色を満喫!子供と行きたい関東のおすすめスポット6つ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:あそぶのお役立ち情報

お役立ち情報

RANKINGお役立ち情報ランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら