子供の自由な創造性を伸ばそう♪群馬のおすすめ美術館6つ!

270view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKママこえと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

子供の自由な創造性を伸ばそう♪群馬のおすすめ美術館6つ!

家族でレジャーによくおでかけする方も多いと思いますが、美術館に足を運ばれたことはあるでしょうか?子供の頃から優れた芸術作品に触れさせることは、情操や創造性の発達によい影響を与えることはいうまでもないでしょう。今回は、家族で気軽に訪れることができる群馬でおすすめの美術館をご紹介します。

群馬県立近代美術館

群馬県立近代美術館 (6267)

美術品だけでなくユニークな建造物の空間も楽しめる美術館です。

ルノワール、モネ、など巨匠たちの作品や群馬ゆかりの作家の近現代美術作品を展示していて、さまざまなジャンルの美術作品に触れることができます。

高い天井からは、自然の光が注ぎ込み、心地よい空間にもなっているので、館内を散策して建物のよさを味わう楽しみもあります。

「えほんの森」では、お子さんが夢中になる姿が見られることでしょう。
レストランもあり、お茶を飲んだり、食事をとったりしながら、ゆっくりとくつろぐこともできます。

おむつ替台や授乳室など、小さな子供連れの家族に優しい配慮がなされているので、安心して楽しむことができます。

●住所:群馬県高崎市綿貫町992-1
●アクセス:
【車】上信越自動車道の「藤岡I.C.」高崎方面出口より出て、県道13号線を前橋方面に約10分
【電車・バス】JR高崎線・湘南新宿ラインまたは上越・北陸新幹線で高崎駅下車(新幹線は東京駅より約60分)JR高崎駅東口より、市内循環バスぐるりん「群馬の森線」9系統(約38分)、10系統(約26分)、または「岩鼻線」15系統(約25分)で、いずれも「群馬の森」下車
●営業時間:午前9:30~午後5:00 (入館は午後4:30まで)
●料金:企画展示 展覧会によって異なる
コレクション展示 一般 300円 大高生 150円※中学生以下無料
●開催時期:通年
※休館日 毎月曜日(休日の場合はその翌日。
5/2、8/15、11/28、12/12は開館)年末年始(12/19~1/6)、このほか展示替等のため、休館する場合があり
●公式サイトURL:http://mmag.pref.gunma.jp/index.html

高崎シティギャラリー

高崎シティギャラリー (6273)

家族でおでかけして、さまざまな展覧会やイベントを楽しむことができる美術館です。

展示室や広場を市民が自由に利用することができる芸術振興の拠点となっているので、絵画だけでなく、写真展やピアノの発表会などの多彩なイベントを鑑賞することができます。

家族で気軽にアマチュアの作品やパフォーマンスに触れることで、芸術を身近に感じることができるでしょう。

優れた画質に定評のあるハイビジョンギャラリーで国内外の有名な美術作品を鑑賞することができ、お子さんが歩きまわって疲れる心配もありません。

屋外空間を利用した野外イベントも随時行われていて、自然のなかで気軽に芸術に触れることもできます。

●住所:群馬県高崎市高松町35-1
●アクセス:
【電車】高崎駅西口より徒歩約10分
【市内循環バスぐるりん】高崎駅西口より都心循環線で「音楽センター前」もしくは「市役所」で下車徒歩約3分
【車】国道17号線 和田橋交差点を市役所方面に曲がり約400m
●営業時間:8:30~22:00
●料金:通常は無料※展示会やイベントにより有料
●開催時期:通年※年末年始は休館
●公式サイトURL:http://www.takasaki-foundation.or.jp/gallery/index.htm

公益財団法人 大川美術館

大川美術館 (6279)

市内が一望できる景色と作家の人脈をたどった珍しい展示を見ることができます。

展示室にはゆったりとしたソファが設置されており、子供さんと自宅にいるようにくつろぎながら絵画を鑑賞できます。

二人の芸術家にゆかりのある作家や作品などを紹介するユニークな展示方法から人と人のつながりから芸術作品を見る楽しみがあります。

緑豊かな水道山の自然を眺めることができるティールームで、ゆっくりと時間を過ごすことができます。

週末の午後には、学芸員が作品についてわかりやすく解説してくれる「ギャラリートーク」を無料で実施しているので、おでかけの際には利用してみるのもいいでしょう。

●名称:公益財団法人 大川美術館
●住所:群馬県桐生市小曾根町3-69 
●アクセス:
【電車】JR桐生駅から徒歩13分
【車】北関東自動車道太田・藪塚ICまたは太田・桐生ICから約25分
●営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
※当面の間、節電のため閉館時間を30分繰り上げ
●料金:一 般 1,000円  高大生 600円 小中生 300円
●開催時期:通年
※休館日 毎週月曜日(月曜祝日の場合は火曜日)年末年始(12月28日~1月3日)
その他臨時休館あり。
●公式サイトURL:http://okawamuseum.jp/

群馬県立館林美術館

群馬県立館林美術館ホームページ Gunma Museum of Art,Tatebayashi (6285)

のどかな田園風景と白鳥が飛来する公園のなかに佇む美術館です。

ロケーションと同じように、自然と人間との関係を意識して鑑賞することができるような美術館となっていて、動物や人、自然が描かれた作品を多く展示しています。

作品解説会やワークショップなども随時開催しているので、芸術の入門編として家族で参加されてみるのもいいでしょう。

屋外には気持ちのいい芝生広場が広がっており、木陰にはくつろぐことができるベンチも配されています。作品を鑑賞した後に、子供さんと一緒にランチを食べたり、遊んだりすることもできます。

お天気のいい日にアウトドアレジャーのおでかけと一緒に楽しむことができるスポットです。

名称:群馬県立館林美術館
住所:群馬県館林市日向町2003 
アクセス:【電車】東武鉄道多々良駅から徒歩20分 【車】東北自動車道館林ICから約15分
営業時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金:展覧会ごとに設定(中学生以下は無料)
開催時期:通年※休館日 毎週月曜日(祝日・振替休の場合はその翌日。4月29日から5月5日までの間及び8月15日を含む週は休館なし)、年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)、このほか、展示替え等のため臨時に休館する場合があり
公式サイトURL:http://www.gmat.pref.gunma.jp/index.html

ハラ ミュージアム アーク

アート体験!-ハラ ミュージアム アーク- | 伊香保グリーン牧場 (6292)

豊かな緑に囲まれたアウトドアテーマパークのような美術館です。

見渡す限りの緑の平原がとても気持ちがよい空間で、おでかけするだけでピクニック気分を楽しむことができます。

緑豊かな敷地には、大きなガラス製のハートがつながってなオブジェとなっている作品や巨大なスープ缶のオブジェなどがあり、芸術作品に触れながら散策を楽しめるのも大きな魅力となっています。

館内には、1950年以上の国内外の作品が展示されていて、なかには国宝や重要文化財も含まれており、とても見応えがあります。

この美術館の隣には、動物と触れ合える「グリーン牧場」もあり、芸術鑑賞とレジャーを同時に楽しむこともできます。

●住所:群馬県渋川市金井2855‐1
●アクセス:【電車】JR渋川駅よりバスに乗り約15分 グリーン牧場前下車徒歩8分
【車】関越自動車道渋川・伊香保ICより約15分
●営業時間:9:30~16:30 最終入館16:00
●料金:一 般 1,100円  高大生 700円 小中生 500円
●開催時期:通年
※休館日 木曜日(祝日の場合は開館、8月は除く)、展示替え期間、元日、悪天候時、冬期 
●公式サイトURL:http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html

群馬ガラス工芸美術館 

群馬ガラス工芸美術館 (6296)

ファンタジーの世界で美しいガラス作品に出会うことができる美術館です。

キラキラと輝くガラス作品が一堂に展示されている幻想的な空間に子供さんの目も輝きを放つことでしょう。

有名なガレやドーム兄弟などの多彩な作品に間近に触れることができ、ガラス作品の世界に魅了されます。

有名な家具作家の部屋が移築により丸ごと再現されており、非日常のスタイリッシュな空間を見ることができます。

アロマキャンドルホルダーなどの製作やガラスの絵付体験も実施されているので、ご家族でチャレンジされてみてはいかがでしょうか。また、クリスタル商品が購入できるショップもあり、食卓をグレードアップすることもできます。

●住所:群馬県渋川市渋川4204 
●アクセス:【電車】JR渋川駅から伊香保行きバスに乗り約20分 六本松下車徒歩1分
【車】関越自動車道渋川・伊香保ICから伊香保方面へ約15分
●営業時間:平日 10:00~16:00 土日祝 9:30~16:30
●料金:大人1,000円 大学・高校生800円 中学・小学生600円
●開催時期:通年※休館日 水曜日・その他不定休(季節により変更あり)
●公式サイトURL:http://www.ggart.co.jp/index.html

一口に美術館といってもさまざまなジャンルやスタイルがあります。子供さんが退屈するのを心配しながら肩に力を入れて訪れるものではないことがわかっていただけたのではないでしょうか。館内展示作品の鑑賞だけでなく、アウトドアと芸術の融合や体験活動など幅広い魅力を堪能することができます。ぜひ、一度、群馬県内の美術館へ足を運んでみてください。

子供の自由な創造性を伸ばそう♪群馬のおすすめ美術館6つ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:まなぶのお役立ち情報

お役立ち情報

RANKINGお役立ち情報ランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集