世界中の珍しい魚が5万匹も!魚釣りもできる『東京タワー水族館』

791view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
世界中の珍しい魚が5万匹も!魚釣りもできる『東京タワー水族館』

2017年1月某日、快晴のおでかけ日和です! 今日はお兄ちゃんが幼稚園の遠足なので、3歳の娘も遠足に……ということで、東京都港区にある『東京タワー水族館』へおでかけしました。3歳の娘にとっては初めての東京タワー。私も子どもの頃以来なので、すっかり観光客気分です。東京タワーの水族館……。どんな魚がいるのか楽しみに出発です!

  • 使ったお金:1,280円(入場料: 大人1,080円、魚釣り体験: 200円)
  • 遊んだ時間:12:00~14:00 計2時間
  • 子供の年齢:3歳(おんなのこ)

2017年1月更新

坂道を上れば『東京タワー水族館』

坂道を上れば『東京タワー水族館』

坂道を上れば『東京タワー水族館』

東京タワーへは都営大江戸線赤羽橋駅から歩いて行きました。

赤羽橋口を出ると目の前にそびえる東京タワー! 娘もあまりの大きさに大興奮です。

駅からの距離自体はさほどないのですが、急な上り坂にぼやく娘を励ましながら歩きました。

ちなみに帰りは日比谷線神谷町駅を使いましたが、こちらも坂道が少しありました。

赤羽橋駅から東京タワーまでの間にはコンビニはありません。

平日お昼頃の東京タワーは外国人観光客や小学生の団体が訪れていましたが、混雑というほどではなくちょうどいい感じです。

『東京タワー水族館』も空いていて、ゆったりした時間が流れていました。

かわいい魚がいっぱい! ヒトデや貝にも触れる!

ヒトデや貝にも触れる!

ヒトデや貝にも触れる!

入場してすぐに迎えてくれたのは、ナンヨウハギなどのかわいい熱帯魚。

「ドリーだ!」と娘は大喜びです。別の水槽にはもちろんカクレクマノミもいました。

魚の他にはきれいな模様のエビや小さな亀などがいて、娘はかわいい生き物たちを次々に見て回りました。

フロアの真ん中には浅い水槽があり、ヒトデや貝に触ることができるようになっていました。

娘もびくびくしながらチャレンジです。赤いヒトデをツンツンして「おもしろ~い」とにっこり。

夢中になって服を濡らさないように気をつけて!

水槽の横に用意された簡易式の水道ですぐに手を洗えますが石鹸はありませんでしたので、気になる人は除菌ジェルやウエットティッシュを準備しておでかけしましょう。

かわいい釣り竿でも本格的な魚釣り体験!

 (20255)

ヒトデに触れる水槽の隣にもう1つ浅い水槽があり、こちらは魚釣り体験でした。

受付で釣り竿とエサを200円で借りることができます。

おもちゃのようなプラスチックの釣り竿ですが糸と針は本物ですので、振り回さないように気をつけて扱いましょう。

エサはお団子が2つでしたが、小さくちぎってつけたので6回ほどチャレンジできました。

魚たちは釣り糸を垂らすとすぐに反応して寄ってくるのですが、いかんせん娘は釣り初体験。

竿を上げるタイミングが遅く、まんまとエサだけ持って行かれてしまいました。

残念! 娘はエサがなくなった後も「あきらめない!」と言って、エサなし状態で延々と釣りを続けました。

結局釣れませんでしたが「楽しかった!」と大満足の娘でした。

日本庭園の池には大きく育った錦鯉が!

日本庭園の池には大きく育った錦鯉が!

日本庭園の池には大きく育った錦鯉が!

奥に進むにつれて、迫力のある魚が多くなっていきます。

それぞれの水槽は小さめで派手さはありませんが、魚の種類は豊富です。

大きな魚や珍しい魚にびっくりしたり歓声をあげたりしながら見て回ると、日本庭園のようなエリアが。

池には錦鯉と亀が泳いでいました。
錦鯉のエサは受付で100円で買うことができます。

池に近づくと、錦鯉もよく分かっているようで近づいてきます。

浅い池なので背中が水面から出てしまう鯉もいて、娘は「わあ~!」と喜んで背中を撫でていました。

たまに鯉がバシャンと跳ねて水がかかってしまうことがありますが、それもまたご愛嬌。

覗き込みすぎて落ちないように気をつけてくださいね。

ちなみに鯉たちの中には、エサを食べ過ぎたのかお腹がパンパンに膨れていて動かない鯉が1匹……。

この鯉がどこまで太るのか、将来が気になります!

アソビバママが見た『東京タワー水族館』のポイントはココ!

アソビバママが見た『東京タワー水族館』のポイントはココ!

アソビバママが見た『東京タワー水族館』のポイントはココ!

『東京タワー水族館』内にはベンチや自動販売機がありゆったり過ごすことができますが、再入場ができないのでトイレをしっかり済ませてから入場しましょう。

東京タワーには展望台の他にも見どころがいっぱい。

『東京タワー水族館』と同じフロアには展望台入口と、ワンピースのグッズ売店やレストランがあります。

2Fはお土産店やレストランが立ち並び、見て回ると楽しそうです。

3Fには「東京ワンピースタワー」というアミューズメント施設があり、ワンピースファンが続々と集まっていました。

最近はスカイツリーに押され気味の東京タワーですが、幅広い年代で楽しめるスポットになっていました。

おじいちゃんおばあちゃんや親戚を誘って、みんなでおでかけしたら楽しそうだなと思いました。

文/LiberoSE

公式サイト:http://suizokukan.net/

世界中の珍しい魚が5万匹も!魚釣りもできる『東京タワー水族館』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集