ジャイアントパンダにご対面!『上野動物園』へおでかけ♪

162view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
ジャイアントパンダにご対面!『上野動物園』へおでかけ♪

10月中旬の休日に、パンダで有名な『恩賜上野動物園』におでかけしました。おでかけメンバーは、私(ママ)と、8歳の息子と3歳の娘の3人です。 小学2年生の息子の国語の教科書には、「動物園の獣医さん」のお話が掲載されています。息子の音読を聞いているうちに娘も興味を持ったのか、動物園に行きたがるようになりました。 そこで、アクセス抜群の『恩賜上野動物園』におでかけすることにしました! 実際に動物を見て、子ども達はどんな反応を示すでしょうか?

  • 使ったお金:2,380円
  • 遊んだ時間:12:00~15:00 計3時間
  • 子供の年齢:8歳(おとこのこ)、3歳(おんなのこ)

2016年10月更新

電車を乗り継いで、『恩賜上野動物園』に到着!

恩賜上野動物園

恩賜上野動物園

電車でおでかけしましたが、休日ということもあり、車内は混雑していませんでした。

JR上野駅に到着後、公園口から恩賜上野動物園の表門を目指して歩きます。

恩賜上野動物園は東園と西園に分かれており、それぞれに表門と池之端門の出入り口があります。

JR上野駅を利用する方は、位置的に表門を利用した方が便利です。
京成電鉄や東京メトロ銀座線・日比谷線、都営地下鉄大江戸線を利用する方も、表門の方が近いです。

東京メトロの千代田線湯島駅や根津駅を利用する場合は、池之端門を利用した方が便利です。

また、車で来場する場合、専用の駐車場がないので周辺の駐車場を利用することになるのですが、大変混雑します。公共の交通機関を利用した方が良さそうです。

まずはランチタイム! 不忍池テラスでいただきます!

不忍池テラス

不忍池テラス

お昼時のためか、お腹が空いてしまった子どもたち。
入園後に西園まで移動して、カフェカメレオンでランチを食べることにしました。

カフェカメレオンは、不忍池に面したオープンテラス席になっています。

池を泳ぐ鯉を見ることもできて、子どもたちは大はしゃぎ! 子どもたちがチョイスしたメニューは、焼きそば:450円とチキンランチボックス:880円でした。

恩賜上野動物園には食事ができる売店が5箇所あり、それぞれの売店でメニューも違ってきます。

キッズメニューも充実しており、お値段も良心的です。また、全店でビールも販売していました。

周りを見ると、お弁当を持ち込みしている方もいました。

『恩賜上野動物園』はお弁当の持ち込みも禁止していないので、手作りのお弁当を持参してピクニック気分を味わうのも楽しそうですね。

希少生物もいます! 西園の動物たちを見学!

西園の動物たちを見学!

西園の動物たちを見学!

ランチの後は、早速動物たちに会いに行きます! まずは、近くの「ペンギンエリア」に出発!

恩賜上野動物園で会えるのは、体長70センチほどの中型ペンギン、ケープペンギンです。

ケープペンギンがプールの中で泳いだりペタペタと歩いたりする様子に、子どもたちは夢中です。
その後は、「アイアイ」の住む森に行ってみました。

恩賜上野動物園は、アジアで唯一「アイアイ」を飼育している動物園だそうです。

マダガスカルに住む原猿類ですが、現地では環境破壊のために個体数が減っている、希少な生物です。

夜行性で館内もフラッシュ禁止のため、写真は撮れませんでしたが、アイアイのキュートな姿を目に焼き付けてきました。

西園には子ども動物園エリアがあり、うさぎやモルモットとの触れ合いや、餌やりをすることもできます。

小さいお子さんは喜びそうですね。西園の動物たちを満喫した後は、東園に向かいます!

『恩賜上野動物園』の目玉! ジャイアントパンダにご対面!

ジャイアントパンダ

ジャイアントパンダ

東園には『恩賜上野動物園』の目玉でもある、「ジャイアントパンダ」が飼育されています。

現在飼育中のパンダは、リーリー(力力)オスとシンシン(真真)メスです。パンダを見学するためには、パンダ舎の列に並んで順番を待ちます。

しかし、パンダという動物は、1日のほとんどを寝て過ごしているのです。

私と子どもたちが見ることができたのは、お昼寝中のパンダでした。

パンダを見学するには、開園直後の9時半に行くと良いそうです。
パンダの食事時間とちょうど重なるので、動いているパンダを見ることができます。
次回は開園直後に来ようと決意しました。

園内にはパンダの写真スポットやパンダグッズの売り場が沢山ありました。パンダの実物をしっかり見ることができなくても、パンダ気分は盛り上がりました。

アソビバママが見た『恩賜上野動物園』のポイントはココ!

動物たちと間近に!

動物たちと間近に!

恩賜上野動物園は、1882年(明治15年)に開園した日本初の動物園です。

入園料金は大人:600円、65歳以上:300円、中学生:200円、小学生以下:無料です。今回は大人1人と子ども2人で来園したので、入園料は600円しか払っていません。

お得に楽しくおでかけできます。また、開園記念日(3月20日)、みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)は無料開園日となっておりますが、かなり混雑するので注意が必要です。

東園と西園を合わせた総面積は14haと広大ですが、園内の移動にはモノレールを利用することもできます。モノレールの料金は、大人(中学生以上):150円、子ども(2歳以上)80円です。

ベビーカーの貸し出しも行っており、300円でレンタルすることができます。

コインロッカーやおむつ替えスペースも充実しているので、小さいお子様連れで来園される場合は、園内のサービスを利用してみるのも良いですね。

文/ドリー

ジャイアントパンダにご対面!『上野動物園』へおでかけ♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
北陸・甲信越
東海
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集