都心からも近くて自然いっぱい!『こどもの国』で動物たちと遊ぼう♪

580view
都心からも近くて自然いっぱい!『こどもの国』で動物たちと遊ぼう♪

よく晴れた平日の午前中に、神奈川県横浜市にある『こどもの国』におでかけしました。メンバーはパパ、ママ、2歳の娘の3人。動物が大好きな娘のために、ただ見るだけではなく触れ合うこともできる場所で遊ばせよう! ということで、今回のおでかけ先を『こどもの国』に決定しました。ここでは、動物の餌やりに加えて乗馬も2歳から体験できるとのこと。さて、娘は喜んでくれるのでしょうか?

  • 使ったお金:3,850円
    (入園料:大人600円/2人、駐車場代:900円、ポニー乗馬:800円、動物の餌代:100円/2回、50円/1回、ソフトクリーム:350円/2個)
  • 遊んだ時間:10:30~14:30(計4時間)
  • 子供の年齢:2歳(おんなのこ)

2017年1月更新

混雑もなくスムーズに『こどもの国』に到着

混雑もなくスムーズに『こどもの国』に到着

混雑もなくスムーズに『こどもの国』に到着

今回は車でおでかけしました。

平日の午前中ということもあり、特に渋滞に巻き込まれることもなく目的地の『こどもの国』に到着。

車を停め、陸橋を渡って『こどもの国』の入り口を目指します。

スロープが付いているのでベビーカーでも安心です。

土日は混雑が予想されるので、その場合はもうひとつの「牧場口駐車場」を目指してください。

臨時駐車場のため普段はクローズしていますが、ここから入場すると牧場のエリアに行きやすくなります。

また駐車場のすぐ近くにはコンビニもあるので、何か買い足したいものがあればこちらで買うのがおすすめです。

園内で動物の餌やりをしたい場合は、小銭が必要になります。

そのため、ここで飲み物などを購入してお金を崩しておくといいかもしれません。

上手にできるかな?牧場で牛や羊に餌をあげてみよう!

上手にできるかな?牧場で牛や羊に餌をあげてみよう

上手にできるかな?牧場で牛や羊に餌をあげてみよう

『こどもの国』は、とにかく広い施設です。

なんとその広さは約100ヘクタール! 施設内にはバスも走っていますが、本数があまり多くありません。

そのため、どんな遊びをするのかを事前に決めて、目的のエリアを目指すという方法をおすすめします。

今回、私たちは「動物に触れ合う」ということを目的にしていたため、牧場エリアを目指しました。

入場して少し歩くと、牧場や動物園のあるエリアが見えてきます。

こちらでは、牛や羊の餌やりを体験することができます。
料金は1カップ100円です。

備え付けのボックスにお金を入れて、餌のカップを持っていくというセルフサービス方式になっているのですが、係員の方が近くにいない場合もあるので、小銭は前もって準備しておきましょう。

さて、娘の反応はというと……?意外に動物との距離が近いため最初はちょっと怖がっていましたがすぐに慣れて、たくさん話しかけながら喜んで餌をあげていました。

今回の最大の目的!乗馬にチャレンジ!

今回の最大の目的!乗馬にチャレンジ

今回の最大の目的!乗馬にチャレンジ

次に向かったのは、今回のおでかけの最大の目的ともいえる「ポニー牧場」です。

ここでは、2歳から乗馬を体験できます。

今回はパパと一緒に乗ることにしました。

親子乗馬の場合、料金は800円です。

乗り場付近に券売機があり、そこでチケットを購入します。

まだ小さい子どもは、保護者と一緒に乗馬する方が安心かもしれません。

ここで順番を待つ間、あるものを発見しました。

それはなんと、カウボーイ変身グッズ! 幅広いサイズのカウボーイハットとウェスタンベストが、無料で貸し出されています。

せっかくなので、親子でカウボーイに変身してみました。

いい思い出にもなるのでぜひトライしてみてください。

ポニーといえど、なかなか大きいので怖がるかと思いきや、娘はニコニコしながら乗っていました。

貴重な体験ができてよかったです。

また近くでは馬の餌やりも体験できます。

餌やりに慣れてきたのか、嬉しそうにニンジンをあげていました。

次は小動物にも触れてみよう!うさぎやモルモットと遊べます♪

次は小動物にも触れてみよう!うさぎやモルモットと遊べます

次は小動物にも触れてみよう!うさぎやモルモットと遊べます

牛や馬など、大きな動物たちと遊んだ後は、小さな動物と遊べる「こどもどうぶつえん」に行ってみました。

ここでは、うさぎとモルモットを触ることができます。

膝にタオルを敷いて抱っこするか、箱に入った動物たちを触るかを選べるようになっています。

なかなか触れ合う機会のない本物の動物たちに会うことができて、娘もとても喜んでいました。

「こどもどうぶつえん」はベビーカーの入場も可能ですが、少し段差になっているためベビーカーでは入れないところもあります。

山の斜面を利用しているため、ちょっと歩きにくい場所もあるので注意してください。

このエリアはそんなに広くないので、ベビーカーは外に置いてから遊ぶ方が良さそうです。

また入園料が別にかかるので、入場券を買うのをお忘れなく。

アソビバママが見た『こどもの国』のポイントはココ!

アソビバママが見た『こどもの国』のポイントはココ

アソビバママが見た『こどもの国』のポイントはココ

『こどもの国』に来たらぜひ食べていただきたいのが、牧場のソフトクリームです。

濃厚でまるで生クリームのようななめらかさは、1度食べたらやみつきです。

施設内は広くかなり歩き回るので、疲れたらこのソフトクリームでパワーをチャージしちゃいましょう。

施設内には、トイレや授乳室がたくさん設置されていますが、いざという時に慌てないよう、入場したらまず園内マップを入手して場所を確認しておくと安心です。

『こどもの国』は年間を通じていろいろな遊び方ができるのはもちろん、季節ごとにさまざまなイベントも開催されているようです。

そのため事前にホームページなどで確認してから行くと、より楽しめるでしょう。

文/shanmama

下記の記事では、こどもの国の魅力をたっぷりと紹介しています。合わせてごらんください♪

『こどもの国』を徹底攻略! 牧場・遊具・乗物……何であそぶ? - アソビバ

『こどもの国』を徹底攻略! 牧場・遊具・乗物……何であそぶ? - アソビバ

横浜市青葉区にあるこどもの国は都心から近く、家族で気軽にリーズナブルに遊べる人気のスポット。牧場をはじめ、たくさんの遊具や乗物、バーベキュー、夏場はプール、冬場はアイススケートと小さな子どもから小学生まで遊べるスポットです。今回はこどもの国を子供と一緒に遊び倒した攻略情報をご紹介します!

都心からも近くて自然いっぱい!『こどもの国』で動物たちと遊ぼう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「神奈川」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集