『清瀬金山緑地公園』は緑と水の楽園!全身で深呼吸してみよう

1,321view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『清瀬金山緑地公園』は緑と水の楽園!全身で深呼吸してみよう

9月の最終土曜日に、東京都清瀬市(柳瀬川沿い)にある、清瀬金山緑地公園におでかけしてきました。 この日のおでかけメンバーは、私、パパ、10歳(長女)、7歳(次女)、5歳(長男)の5人です。 わが家から近く、四季折々でいろいろな楽しみ方ができる公園なので、よくおでかけするスポットです。 この日のおでかけ目的は、ずいぶんと涼しくなり、日中の外遊びがしやすくなったので、サイクリングと散策。 お天気が心配でしたが、元気いっぱいの3人の子どもたちは、どんな楽しみ方ができたでしょうか?

お出かけするなら要チェック!お得な割引チケット(クーポン)

お出かけするなら要チェック!お得な割引チケット(クーポン)

最大2,000円OFFも!? お出かけするなら少しでもお得に遊んじゃおう! お得な割引チケット(クーポン)一覧はこちら

  • 使ったお金:0円
  • 遊んだ時間:11:30~14:00 計2時間30分
  • 子供の年齢:10歳(おんなのこ)、7歳(おんなのこ)、5歳(おとこのこ)

2016年9月更新

柳瀬川に沿って続く、70,000株もの彼岸花の回廊。気持ちよくサイクリング。

サイクリング

サイクリング

わが家からは自転車でおでかけできる距離なので、マイ自転車で出発!

公園までは、柳瀬川に沿って、70,000株といわれる彼岸花の回廊が。秋風に吹かれながら、赤い鮮やかな彼岸花の中を颯爽と自転車で走り抜ける子どもたち。とても気持ちよさそうでした。

その回廊に沿って、桜の木も植えられていて、春は桜のトンネルに。それはもう圧巻です。

遊歩道とサイクリングロードが整備されており、歩行者、自転車、車のそれぞれが安全に走行することができます。バスで行くなら台田団地で降りるのがオススメ。

柳瀬川のせせらぎとともに、春は桜のトンネル、秋は彼岸花の回廊を抜けて、公園までの景色を楽しむことができます。

サイクリング途中に、遊具が出現。柳瀬川が見える贅沢なブランコやすべり台。

ブランコ

ブランコ

清瀬金山緑地公園に続く、彼岸花の回廊のちょうど中間あたりに、いくつかの遊具がある場所があります。

春は桜、夏は川遊び、秋は彼岸花を家族で楽しむ際、景色鑑賞だけじゃ物足りない子どもたち。
この遊具が見えてくると、一気に子どもたちの目の色が変わります。
途端に走り寄って大喜びで遊びだします。

すべり台の頂上やブランコに立つと、柳瀬川のせせらぎを見ながら遊ぶことができる、とても贅沢な場所です。頭上には桜の木が密集しているので、暑い夏でも涼しく快適です。

お花見シーズンやピクニックでレジャーシートを敷いて、お弁当を広げて楽しむ家族連れも多く見られます。もちろん、遊具が見える場所にシートを敷くこともOK。

車も通らない安全な場所で、大人はのんびりくつろぎながら、子どもたちが遊具で遊ぶのを見てあげることができます。

池のまわりでカルガモやカメの観察。なぜかニワトリも!?

池

雨上がりということで、芝生や土の足場がちょっぴり悪かったことが残念。足元が汚れないように注意しながら、池の周りを散策。

池には、カルガモがたくさん。ハトやカラスはよく見るものの、あまり見かけないカルガモを間近で見ることができて、子どもたちは、大興奮。

「カモさーん!」「こっちへおいで~!」などと声をかけていました。訪れる際は、柵が無いので近づきすぎて落ちないよう気をつけてくださいね。

水面をよく見ると、カメも。のんびりと泳ぐカメを見て、子どもたちは、「いいなぁ。泳ぎたいなぁ。」とつぶやいていました。

池の周りの低い木々の中に、なぜかニワトリが。なんだか、声が聞こえるなと思ったら、2羽のニワトリがお散歩していました。子どもたちもニワトリの後ろに並んで歩いて楽しんでいました。

芝生でキャッチボール。そして、小さなせせらぎで落ち葉の船あそび。

池

清瀬金山緑地公園は、広大な水辺と芝生が特徴。青々とした芝生で寝転がったり、スポーツをしたりしたかったのですが、雨上がりのため、キャッチボールだけ。

少しすると、足元が濡れてきたので、泣く泣く断念。体力が有り余る子どもたちは不満気でした。

そんな子どもたちの気分をあげたのが小さなせせらぎ。水たまりほどの深水で、小さい子どもにも安心。夏は裸足やサンダルで遊びたいなと思いました。

そこで、パパと一緒に、落ち葉を浮かべたり、流れが少しだけある場所で、だれが一番はやくゴールできるかのレースをして盛り上がりました。

雨がポツポツしはじめたので、屋根のある場所へ移動し雨宿り。ここでハプニング。

地面がかたい土で、雨でぬるぬるしていたので長女が転倒。尻もちをついてお尻が汚れました。雨上がりは足元にご注意を。

アソビバママが見た 清瀬金山緑地公園のポイントはココ!

景観

景観

休日のおでかけといったら、人工的な遊び場ばかりを求め行っている最近。

そんなわが家に、大きな池とグリーンのじゅうたんのハーモニーの中、全身で深呼吸をさせてくれる場所が、清瀬金山緑地公園です。

散策やサイクリングの途中には、普段しない会話も多く、心も体もゆっくりと癒されます。なんと、この公園、初夏にはホタルも見られます。

また、公園内は禁止ですが、隣接する金山橋周辺の河原では一年中を通してBBQが楽しめます。

桜の時期、GW、夏休みと1年に3回はわが家でも恒例となっています。この日も河原はBBQを楽しむ人たちでにぎわっていました。

パパが炭を起こしている間に、ママは子どもたちと清瀬金山緑地公園で散策。

お腹が空いたところで柳瀬川の景色をみながらのBBQ。片づけをママがしている間、パパと子どもたちは公園内でキャッチボール。

そんな休日もオススメです。

文/F.A

『清瀬金山緑地公園』は緑と水の楽園!全身で深呼吸してみよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集