日本最古の遊園地!昭和レトロな『浅草花やしき』は4歳以下がお得♪

290view
日本最古の遊園地!昭和レトロな『浅草花やしき』は4歳以下がお得♪

11月の祝日に、日本最古の遊園地である東京都台東区の『浅草花やしき』へ、私と娘4歳との2人でおでかけしてきました。 今回行ったきっかけは、酉の市♪おでかけした日はちょうど二の酉が開催される日だったので、浅草の酉の市発祥地ともいわれる「長國寺」、「鷲神社」へよりみちしてから遊園地へ行こうと思い立ったのです。 さて『浅草花やしき』を4歳児はどう楽しめるのでしょうか?

【最大30%割引】0歳児もOK!『浅草ROX まつり湯』土日でも使える入館チケット - アソビバ

【最大30%割引】0歳児もOK!『浅草ROX まつり湯』土日でも使える入館チケット - アソビバ

浅草ROXまつり湯は11種類のお風呂に、3種類のサウナを完備したスーパー銭湯です。ゲームコーナーやコミックコーナー、キッズスペースも完備しているので小さな子供連れの家族でも楽しめます。浅草寺や花やしき、スカイツリーで遊び疲れたらお風呂でリラックスはいかが?

  • 使ったお金:4,100円
  • 遊んだ時間:12:00~16:00 計4時間
  • 子供の年齢:4歳(おんなのこ)

2016年11月更新

入園料無料イベントは要チェック!『浅草花やしき』へ♪

入園料無料イベントは要チェック!『浅草花やしき』へ♪

入園料無料イベントは要チェック!『浅草花やしき』へ♪

『浅草花やしき』は浅草寺のお隣にありますので、浅草駅から仲見世通りを通ってくるのがオススメです。

今回私達は、酉の市の「長國寺」、「鷲神社」にも行くので地下鉄日比谷線「三ノ輪」駅から向かいました。

11時の時点で「鷲神社」への参拝はすでに長蛇の列!

今回はお隣の「長國寺」だけ行き酉の市の雰囲気だけ味わい外にでました。

そして、まっすぐ浅草方面へ!

しばらく行くと花やしき通りがありました。目的地の『浅草花やしき』到着♪

この日は酉の市の熊手を持っていると入園料「大人1,000円、未就学時は無料」が無料のイベント開催中!

今回わたしたちは持参ならず……でしたが、他にも県民デーや浅草観光による入園無料イベントがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

ゲームに夢中!昭和のゲームも当時の値段で楽しめる♪

ゲームに夢中!昭和のゲームも当時の値段で楽しめる♪

ゲームに夢中!昭和のゲームも当時の値段で楽しめる♪

『浅草花やしき』には入り口が2箇所あります。浅草寺から行く場合は浅草門が最寄りです。

逆方面から来た私達は笑運閣門からの入園でした。

そして入門ゲート前には誰でも入れるおみやげ屋があります。

親世代であれば昔1度は作ったことがある、懐かしい日付と名前を刻印できる記念コインがあります。

作ってみると娘が喜んでいました♪ さて、入場するとまずあったのがゲームセンター。

乗り物へとむかう前にクレーンキャッチャーで遊びました。

この建物2階には昭和のゲーム台がいくつかあります。

昭和の雰囲気がある懐かしのゲーム台が1ゲーム数十円で楽しめます!

その後、現在の価格のガチャガチャが豊富にならんでいるのを見ると……時の流れを感じました。

幼児が楽しい乗りものいっぱい!4歳以下なら大人の付添い無料♪

4歳以下なら大人の付添い無料♪

4歳以下なら大人の付添い無料♪

さて、お待ちかねの乗り物へ♪ 小さい遊園地ながら、幼児が楽しめる乗り物が豊富です!

今回乗ったのは6つ。ハンドルを握れる「ちびっ子タクシー」、子ども用のスリルマシン「ぴょんぴょん』」は大人気!

「楽しいね♪」と娘が乗るたびに言っていました。

入園無料イベント開催中の祝日でしたが、並んだのは20分ほどでした。

午後になるにつれ園内が混雑してきたので行くなら早い時間が良いと思います。

4歳以下の場合、乗り物は大人付添い1名が無料!

0〜1歳は乗り物料金不要! 2〜4歳は乗り物料金が必要になりますが、乳幼児が乗れる乗り物は、ほぼ200円。

100円チケットが11枚綴りで1,000円で売っています。

フリーパスは、2歳以上の未就学児は1,800円ですので、乗り物にたくさん乗って1日遊びたい場合にはこちらを使っても良さそうですね。

『浅草花やしき』限定メニューもあり!クレープをおやつに食べました♪

『浅草花やしき』限定メニューもあり!

『浅草花やしき』限定メニューもあり!

お腹が空いてきたので、中央エリアにあるお店のクレープを食べました。

園内限定クレープ『マリオン花やしき540円』もありますので好きの方はぜひどうぞ♪

子どもは風の子……娘は寒い中、アイス入りのクレープを美味しそうにに食べていました。

こちらのお店のクレープは、甘いクレープの種類が豊富です。

食事になるクレープは「ピザチーズ370円」の1メニューのみでした。

食事の場合は、クレープ屋さんのお隣「フードコートkiki」で肉まんやたこ焼き、カレーなどのあたたかいものをどうぞ。

クレープ屋さん近くのテーブルのある椅子に座って食べられましたが、混雑しているため「席空いてますか?」と聞いての相席でした。

こちらは乗り物がすぐ近くにある中央エリアなので混んでいました。

休憩所は他にも屋内、屋外と座れる場所がいくつかありました。トイレも園内に2箇所あるので安心です。

アソビバママが見た『浅草花やしき』のポイントはココ!

『浅草花やしき』のポイントはココ!

『浅草花やしき』のポイントはココ!

『浅草花やしき』は名前に浅草と入っているように浅草にあります。

浅草観光のついでに立ち寄れるのも魅力です。

笑運閣門側の建物には屋上があり、東京スカイツリーと浅草寺を見ることができますよ♪

屋上は訪れる人が少ないようでした。同じ場所に「ブラ坊神社」があり、創立者像もありました。

靴の形の鉢植えや絵の描かれた鉢植えなどで植物がたくさん育てられてもいました。

こちらも、昭和を思い起こされます。

また、園内各所には謎めいたものやキャラクターや飾られており遊び心満点♪

「なんでこんなところにたべかけのおにぎりが飾ってあるんだろうね?」など子どもと想像しながらの会話が弾みます。

小さいこどもと一緒に楽しんで乗れる乗り物がたくさんありますし、手頃なお値段で子どもと楽しめる遊園地です!

文/pati

日本最古の遊園地!昭和レトロな『浅草花やしき』は4歳以下がお得♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集