0歳でも入湯OK!ベビーバスも自由に使える『竹取の湯』が楽しい

1,829view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKママこえと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

0歳でも入湯OK!ベビーバスも自由に使える『竹取の湯』が楽しい

8月の平日、学校はまだ夏休みの暑い中、11ヶ月の娘を連れて、東京都多摩市にある竹取の湯というスーパー銭湯へ行ってきました。オムツが外れていないと公共のお風呂に入れないのが世の常ですが、竹取の湯では0歳児から受け入れてくれる本当にありがたい施設です! 産後、広いお風呂に入りたい、じんわり汗を流して日頃の疲れやストレスを発散したいという夢を叶えてくれました。何時間いても1,900円という良心的な価格で、0歳の娘は無料でした。お姉ちゃんのお迎えの時間ギリギリまでたっぷり4時間リラックスした時間を過ごすことができました。

  • 使ったお金:1,900円
  • 遊んだ時間:11:15~15:15 計4時間
  • 子供の年齢:0歳(おんなのこ)

2016年9月更新

駅直結のため、ほとんど陽に当たることなく竹取の湯に到着! 

竹取の湯

竹取の湯

駅から全てバリアフリーでベビーカーでの来館も問題なし! ベビーカーもフロントで預かってもらえるので安心です。

ただ、館内ではオムツや子どもが食べられるもの(離乳食など)は売っていません。館内には食べ物の持ち込みは禁止なので、離乳食を持ち込む際にはスタッフの方に確認した方が良いと思います。

私は子ども用の食べも物を持ち込みました。入館時は「お子さんがいるのでベビーベッドの近くにしておきますね」と親切な対応にほっこり。

大人は手ぶらでOKとのことですが子どもの館内着はないためサッと切れるワンピースや甚平などを持参すると便利です。

更衣室で館内着に着替え、まずはレストランへGO! 

レストラン

レストラン

レストランは椅子、座椅子、座布団と座るスタイルが違う3つのエリアに分かれています。

私たちは子どもがいるため迷わず座布団のエリアへ行きました。広々としていて娘はのびのびとハイハイしていました。

入館時に渡される鍵に付いているバーコードで支払いができるのでお財布を持ち歩く必要はありませんが、所々にあるマッサージ機は200円とコイン式です。

飲み物や子どものもの、小銭などを入れ持ち歩けるように小さめのエコバッグのようなものを持って行くと重宝すると思います。
レストランには週末のみ屋台が開店してお祭り気分を味わえます。

メニューも和洋中といろんなものがあり、居酒屋メニューも豊富で昼間からお酒も飲めて羽を伸ばせそうです。

お待ちかねの大浴場へ。ベビーバスが自由に使えました! 

大浴場

大浴場

更衣室に入ってすぐの所にマッサージチェアやくつろげるエリアがあり、ベルト付きのベビーベッドも設置され配慮ある施設に感激!

浴室へ入り、まずはシャワーを浴びようと進むと、ベビーバスが置いてありそこにお湯をためて娘を入れつつ自分はシャンプーなどができてとてもありがたいと思いました。

その後、薬草湯や熱めのお風呂に入れない娘をベビーバスに入れ、自分は全種類のお風呂に入ることができました。

0歳児の膝程度の深さのお風呂もいくつかあり、一緒に入って私は横になって浸かり、娘はお湯をバシャバシャさせながら遊んでいて、とても良い時間を過ごすことができました。

子どもから目を離さないようにすることが前提なので、お父さんと行かれる方は、どっちが先に子守りをするのか初めに決めておくといいですね! 

床暖房のお部屋でじんわり温まりサーモグラフィーで体温上昇が一目瞭然!

床暖房のお部屋

床暖房のお部屋

何種類もの岩盤浴があり、みんな汗びっしょりで出てきてくつろぐスペースは床暖房でした。

じんわり暖かくて、子どももOKとのことでゴロゴロしながら過ごしていました。すると身体の芯からあったかくなった感じがして、サーモグラフィーの前に立ち前後比べると一目瞭然!

私も娘も芯からあったまっていました。これは気持ちイイ! 照明もやや落とされ薄暗く眠くなりました。次はお父さんと一緒に来て娘を見ててもらいつつ、何種類もの岩盤浴を楽しみたいと思いました。

館内には自動販売機がいくつもありますが、とても喉が渇くのでレストランの場所をチェックしておくといいと思います。

無料でお茶やお水のサービスがあるので、大変助かります。

アソビバママが見た竹取の湯のポイントはココ! 

レストラン

レストラン

レストランでは無料でお茶やお水のサービスもあり、娘は冷たいお茶をゴクゴクと勢いよく飲んでいました。

汗もいっぱいかきハイハイも存分にしていたので、施設を出た瞬間に爆睡していました。
駅前にパン屋さんやファーストフード、蕎麦屋などいろいろあり、娘が寝た後のゆっくりお茶タイムも満喫してから帰路へ。

産後、なかなか赤ちゃん連れでリラックスもできないと思っていましたが、汗をかいてストレス発散したり、好きなものを食べたり飲んだりと心身ともにリラックスでき、充実した時間を楽しむことができたことが再発見です。

竹取の湯は駅近で気軽に訪れることができる場所なので、次は仲良しのママ友何人かで来てお風呂に入って日頃の疲れを癒したり女子会をしたりと満喫したいです。

文/木内理恵

0歳でも入湯OK!ベビーバスも自由に使える『竹取の湯』が楽しい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら