金魚が近寄ってくる不思議体験も!『すみだ水族館』へGO♪

249view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
金魚が近寄ってくる不思議体験も!『すみだ水族館』へGO♪

少し肌寒い祝日、観光客に大人気の「東京スカイツリー」の中にある『すみだ水族館』(東京都墨田区)へ家族でおでかけしました。おでかけメンバーは、ママ、パパ、5歳の長男、3ヵ月の次男の4人です。 「東京スカイツリー」自体、完成してから今まで一度もおでかけしたことがなかったので、楽しみです! どんなお魚がいるのかな?

  • 使ったお金:4,700円
  • 遊んだ時間:13:00~14:00 計1時間
  • 子供の年齢:5歳・3ヶ月(おとこのこ)

2016年11月更新

『すみだ水族館』目指してスカイツリー4階へ!

『すみだ水族館』目指してスカイツリー4階へ!

『すみだ水族館』目指してスカイツリー4階へ!

普段は車移動が多い我が家ですが、今回は立地を考えて電車移動にしました。

祝日ということもあり、電車も人が多く、人身事故まで発生。

押上駅も東京スカイツリー駅も地下鉄なので階段が多く、エレベーターはありますが、乳児連れにはなかなか辛い道のりです。

押上駅からソラマチ商店街までは確かにすぐでしたが、商店街を抜けないといけないので、それなりに歩きます。

「東京スカイツリー」に到着したときには、すでに12時。
さきにランチを食べてから水族館へ行くことに。

「東京スカイツリー」とソラマチの中間地点にある広場の「ソラマチ広場」では、大道芸が披露されていました。

広場近くのエスカレーターで4階へ向かうと、スカイツリーと行き来できるフロアに出ました。

スカイツリーの写真を撮ろうと思ったものの、その高さに悪戦苦闘。それも含めて楽しいひと時です。

水族館では幻想的な熱帯魚とクラゲたちがお出迎え

水族館では幻想的な熱帯魚とクラゲたちがお出迎え

水族館では幻想的な熱帯魚とクラゲたちがお出迎え

ランチのタイミングだったのか、チケットの購入は並ばずに買うことができました。

この日はフォトグラファーの蜷川実花さんの作品と、クラゲを掛け合わせた展示イベントが開催されていました。

蜷川実花さんの独創的で色鮮やかな写真をバックに、ユラユラと漂う半透明のクラゲは幻想的で美しかったです。

また、ちょっと変わった「サカサクラゲ」や「ウメボシクラゲ」というクラゲもいて、その愛らしい姿には思わず笑みがこぼれます。

水族館が大好きな息子は、展示物も興味津々。

それでも、絶え間ない人の波に入れず、いくつかの水槽には近づくこともできませんでした。

カップルや観光客が多いので、小さい子どものタイミングでじっくり見たい……という方は平日の人が少ない時間帯を狙うといいかもしれません。

入り口付近は照明がかなり暗いので、小さい子ども連れの場合は注意が必要です。

ニョロニョロですか? いいえ、チンアナゴです

ニョロニョロですか? いいえ、チンアナゴです

ニョロニョロですか? いいえ、チンアナゴです

さらにフロアを進むと、中くらいの水槽が規則的に並ぶエリアに出ました。

中には5歳の長男と同じくらいの大きさと思われる魚もいるし、目を凝らしてみてみると、どの水槽でも透明のエビがせっせと砂を掃除しています。

「あのお魚、逆さまで葉っぱの汚れ食べてるね! 」「このお魚は大きくて食べごたえありそう~! 」などと、会話が付きません。

奥へ進むと、岩や水草もなく、白い砂が輝く水槽が……砂地からは細い体を少しだけ出した「チンアナゴ」と「ニシキアナゴ」が揺らめいていました。

どの子もみな同じ方向を向いてるのが不思議です。

また、5センチくらい身を出している大胆な子もいれば、目が出るギリギリまで砂に埋まっているシャイな子もいて、とても可愛いです。

このあたりのエリアは人波がばらけていたので、好きな魚を好きなだけ見ることができました。

最後のフロアはかわいいペンギンと金魚たち!

最後のフロアはかわいいペンギンと金魚たち!

最後のフロアはかわいいペンギンと金魚たち!

フロアを進むと吹き抜けになっていて、ペンギンゾーンを見下ろすようになっています。

そこから下り坂の廊下になっていて、移動するのですが、ブルーのLEDでなんだか星空の廊下を降りているみたいでした。

ペンギンゾーンではちょうど飼育員のお兄さんが掃除に来ていて、ペンギンに何かお話をしていました。

お兄さんが合図した回数だけ、ペンギンも返事をする、というもののようです。

ペンギンも芸をするのかと驚きました。

さらに行くと、江戸ゾーンというエリアがあり、屋台のような台車に朱色の可愛い金魚が泳いでいました。

ほかにも、男の人の肩幅くらいありそうな巨大金魚や、高価なことで有名な「ランチュウ」、目の下に大きな袋を持つ金魚もいました。

面白かったのは、小さい金魚の水槽。人が餌をあげるふりをすると、集まってきて口をパクパクさせます。

息子も水面で手をひらひらさせると、金魚の群れが寄ってきて大はしゃぎ!
とても可愛くて癒されました。

アソビバママが見た『すみだ水族館』のポイントはココ!

『すみだ水族館』のポイントはココ!

『すみだ水族館』のポイントはココ!

スカイツリーやソラマチでは、基本的にベビーカー移動をおすすめします。

人も多く、フロアが縦長なので、場所によっては結構歩くことになります。

日中のエレベーターは、ベビーカーや車椅子を優先的に乗せてくれるようです。

ベビーカーはレンタルもあるようで、100円で各場所で借りられます。

すみだ水族館では入り口にベビーカー置き場が設けてありますが、中にベビーカーを持ち込んでいる方も見かけました。

また、水族館には授乳室・おむつ替え室は完備されていて、調乳も可能です。

ソラマチでは、授乳室が建物の端にしかなく、かなり歩くことになり疲れてしまいました。

可能なら水族館で済ませてしまった方が後々楽かもしれません。

水族館は1時間~2時間ほどで周れるうえ、ソラマチではアパレルから食事、魚力も入っていて、一日いても飽きない施設でした。

文/磯野花子

金魚が近寄ってくる不思議体験も!『すみだ水族館』へGO♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事:「東京」のおでかけレポート

RELATED関連する記事:関東のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集