もしかして妊娠かも?妊娠超初期にあらわる兆しについて

779view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら

アソビバは、EPARKおでかけと提携しています。お得な割引チケット情報や口コミなどぜひご活用ください。

もしかして妊娠かも?妊娠超初期にあらわる兆しについて

つわりや倦怠感など妊娠中には様々な身体の異変があります。大半の方は生理の予定日以降に妊娠に気づくというパターンが多いのですが、実は生理前の0〜4週にかけての妊娠超初期の頃にもこのような妊娠の兆候があるのです。お腹の赤ちゃんのためにもしっかりと知識をもって妊娠初期症状を見分けて妊娠を見逃さないようにしましょう!

妊娠超初期って?

妊娠0〜4週目までの期間のことを妊娠超初期といいます。

この妊娠超初期は体の中で赤ちゃんを受精して3日間ほどかけながら子宮に移動し、着床する時期といわれています。この時期はまだ正確には妊娠をしていないので、妊娠検査薬が使用できないので注意しましょう。

妊娠超初期の症状

妊娠超初期の期間にも妊娠に向けて様々なことが起きているので、もちろんママへの身体の変化もわずかながらに現れます。妊娠超初期の症状としては怠さや吐き気、頭痛など生理や風邪の時と似ているため勘違いしてしまうケースが多いですが、他にもいくつか別の症状が現れるのでご紹介いたします。

妊娠超初期を見分けるポイントの一つとして、おりものの変化をがあげられます。妊娠超初期にはプロゲステロンやエストロゲンといったホルモンの変化がおこるため、それに伴いおりものも普段と少し違ってくるという人が多くいます。普段は粘つきや色のついたおりものですが、妊娠超初期では透明色あるいは白色で粘つきのないサラサラとしたものになる場合があります。さらに匂いが少ないもしくは無臭である場合も妊娠の可能性があるといわれます。ただし、おりものの場合は個人差もあるのであくまでも参考として判断したほうがいいかもしれません。

次に妊娠超初期に現れる症状は、出血です。この時におこる出血は生理とは違い、受精卵が子宮に着床する時に子宮壁を傷つけてしまっておこることから着床出血といわれています。着床出血がおきる時期と生理日が近いので勘違いしてしまいそうですが、着床出血は生理とは違い鮮やかな赤い血の色をしており出る量も少量です。生理痛のような痛みを感じる場合もありますが、軽く短時間で終わります。着床出血はおきる人と全くおきない人がいるので、生理と間違いないように事前に見分け方を知っておきましょう。

妊娠超初期かも! と思ったら

もしかして妊娠超初期かもしれないと思った方は体調管理や食生活に注意してください。妊娠超初期は、まだ完全に妊娠していないとはいえ赤ちゃんが着床・子宮に移動している大切な時期です。この頃にも妊娠中と同様に煙草やアルコール、カフェインの摂取はもちろん控えましょう!

また、妊娠超初期の症状は風邪にも似ていることが多いため風邪薬や頭痛薬を飲んでしまわないように注意が必要です。もし、風邪か妊娠超初期かが分からない場合は自分でむやみに判断せずに病院に行きましょう。

妊娠超初期も大切な時期!

妊娠超初期は症状があるとはいえ妊娠の判断が難しい時期です。妊娠超初期に気付かない、もしくは妊娠超初期と風邪を間違えてしまったという方も少なくありません。けれども、赤ちゃんを身体に宿す大切な時期でもあるので、妊娠するママはもちろんパパも妊娠超初期の正しい知識をしっかりと身につけておきましょう!

元のページを表示 ≫

もしかして妊娠かも?妊娠超初期にあらわる兆しについて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:子育てのお役立ち情報

お役立ち情報

RANKINGお役立ち情報ランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら