『富士急ハイランド』は日本一の富士山のふもとにある絶叫絶景遊園地

1,412view
  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
『富士急ハイランド』は日本一の富士山のふもとにある絶叫絶景遊園地

絶叫絶景どちらも楽しみたい!というファミリーにおすすめなのが「富士急ハイランド」。世界記録を誇る絶叫マシーンだけでなく、小さなお子さんも楽しめるアトラクションがいっぱいで、さらに富士山を眺められる遊園地なので一日中遊べます。大人の方も、何度行っても遊べます。 今回は、そんな「富士急ハイランド」の魅力を紹介します。

富士急ハイランドとは?

富士急ハイランドの元祖は、1961年に開園した、富士五湖国際スケートセンター。

有名なコースターといえば、FUJIYAMA・ドドンパ・ええじゃないか・高飛車の4つで、そのほかにも多くの絶叫マシンがあります。

絶叫だけじゃなく、2000年頃から「トーマスランド」をはじめとするファミリー層をターゲットとした施設が登場してから、さらに幅広い年齢層の方に好まれています。

富士急ハイランドの歴史

富士急ハイランドは”世界一”を目指し、究極の絶叫マシンを生み出して、数々の”世界一”の称号を手にしています。

1996年登場の「FUJIYAMA」以降は、ギネス記録を更新するため5年おきに新規大型コースターが導入されています。

アクセスは高速バスがおすすめ

 (42652)

【電車を利用する】

富士急行線 <富士急ハイランド駅>で下車。駅は第2入園口に直結します。

新宿からなら、フリーパスと往復の交通費あわせて6900円です。

詳しくはコチラ
http://www.eki-net.com/travel/fujiq/?utm_source=fq&utm_medium=ban&utm_campaign=fq

【バスを利用する】

富士急ハイランドには、第1入園口側のバスターミナルと第2入園口側の富士急ハイランド停留所の2箇所にバス乗り場があります。

筆者は、高速バスを使って「東京駅 ⇔ 富士急ハイランド」を往復。前日に予約をして、コンビニで決済とプリントアウトしてもらったんですが、特に難しいこともなくスムーズに行くことができました。

【高速バスがおすすめ3つのポイント】

・バスのおすすめ① いろんな街からバスが出発
・バスのおすすめ② 必ず座れて直行
・バスのおすすめ③ リーズナブル

ノンストップ・直行でいけて、あっという間に到着してとっても楽でした。
全席指定で女性専用シートがあるバスもあり、車内にはトイレもついています。

日帰りだと高速バス+フリーパスのパック、時間がある場合、ホテル宿泊+フリーパスのセットがお得です。

帰りのバスの時間設定ですが、17時に閉園の日だったので、17:45分くらいのバスを購入しておいたんですが、時間にゆとりがありちょうどよかったですよ。

< 高速バス&フリーパスセット券>
http://bus.fujikyu.co.jp/otoku/fujiq-highland
富士急コールセンター:0555−73−8181(営業時間7:30〜20:00)

【車を利用する】

 (42669)

首都高速4号線から中央自動車道大月JCT経由、河口湖I.Cをおりてすぐ。

首都高速3号線から東名高速道路御殿場I.Cをおりて、国道138号線を進む(約15分)。

東富士五湖道路須走I.Cからのり、富士吉田I.C(約15分)をおりてすぐです。

・中央自動車道富士吉田線: 河口湖IC
・東富士五湖道路: 富士吉田IC
・東名高速道路富士IC・新東名高速道路新富士ICから西富士道路・富士宮道路・国道139号線経由: 西日本および静岡県方面
・東名高速道路御殿場ICから国道138号線経由: 南関東および静岡県東部方面

【駐車料金】

・普通車 1,500円
・バス  2,500円

※バイクは無料。マイクロバス及び大型車はバス料金となります。
https://www.fujiq.jp/access/

入園料、フリーパスはいくら?

富士急ハイランドで遊ぶ場合、「入園料+のりもの券」または入園料込みのフリーパスという選択肢があります。

基本的な入園料・フリーパスの価格はこちらです。

【入園料】
・大人(18才以上):1,500円
・中高生(12〜17才):1,500円
・小人(3才〜小学生):900円
※アトラクションに乗る際には別途乗り物券の購入が必要です。

【フリーパス】
・大人(18才以上):5,700円
・中高生(12〜17才):5,200円
・小人(3才〜小学生):4,300円
※園内の対象アトラクションが乗り放題になるパスです。
※「トーマスランド」内のアトラクションにも利用できます。

キッズ向けアトラクションが満載の「トーマスランド」を中心に遊ぶなら、「トーマスランドパス」がお得です。

【トーマスランドパス】
・中学生以上(12才以上):3,900円
・小学生:3,300円
・未就学児(3才〜小学校入学前):2,900円
※「トーマスランド」内のアトラクション、および「トーマスランド」外でもティーカップなど一部のアトラクションが乗り放題になります。

 (60421)

お得なチケット、割引情報

「富士急ハイランド」のチケットについては、お得な購入方法がたくさんあります。

富士急ハイランドによく遊びに行くという方は、メルマガ「CLUBフジQ」に登録することをおすすめします。
CLUBフジQの特別優待券ならフリーパスが最大で600円引きとなり、公式サイトのクーポン(最大400円引き)よりお得です。
トーマスグッズがもらえる特典もあるので、お子さんにも嬉しいですね。

そんなにたびたびは行かないけれどという方には、クレジットカード「エポスカード」の割引がおすすめです。
エポスカードには、さまざまなレジャー施設で優待特典があります。
富士急ハイランドでは、窓口で提示するとフリーパスが最大800円引きとなります。

また、遠方からアクセスする場合には高速バスや電車・レンタカーとフリーパスのセットがお得です。
アクセス方法に合わせて、ぜひご検討ください。

「富士急ハイランド」の料金やお得な楽しみ方について、より詳しくはこちらの記事からどうぞ!

キッズもお得に遊べる!『富士急ハイランド』の料金・割引情報 - アソビバ

キッズもお得に遊べる!『富士急ハイランド』の料金・割引情報 - アソビバ

絶叫マシンにたくさん乗りたい方も、小さなお子さんも、「富士急ハイランド」をお得に遊び尽くしましょう!入場チケット・各種のフリーパス情報をはじめ、「富士急ハイランド」の割引情報をまとめてご紹介します。

営業時間・混雑状況

・平日:9時〜17時
・土日祝日:9時〜18時

※営業時間は時期により、朝7時から、夜22時までの場合があります。
※アトラクションによっては、開園後30分~1時間後に運営を開始する場合があります。
※トーマスランド内各アトラクションは、時期に関係なく17時までの運営となってます。
※リサとガスパール タウンの営業時間は、富士急ハイランドの開園30分前から閉園30分後となってます。

混雑状況

富士急ハイランドの混雑する時期は以下の三つです。

①「2月中旬~3月」

受験休みの学生と春休みに入った大学生で、2月から混雑し始め、3月の春休みは年間でもトップの混雑になります。

②「8月中旬~11月」

夏休みに入った大学生で混雑。大学生の夏休みは9月下旬まで続くため9月は平日もかなり混雑します。それ以降、11月まで気候が良いこともあって混雑しています。

③ 「GW&お盆」

土日の場合、行くのは土曜日の方が良いです。日曜日は「オフィシャルホテルの30分前入園」利用者が多く早くから開園待ちしても既に宿泊者の方がアトラクションや優先券の列に並んでいて行列に遅れます。ただ、日曜日の夕方以降は、早く帰る方がいて、空いてくる可能性があります。


★ベストシーズンは4月~8月上旬。気候も良く快適に遊べます。

夏休みに入っても8月の第1週目まではそれほど混雑せず、営業時間が長い&毎年7月下旬にオープンする新規施設も利用できると好条件。

12月中旬~1月中は土日休日を含めて来園者が少なく、一番空いている時期でありますが、気温が低いためアトラクションが運休してしまうことも多いです。

晴れて風がない日を選ぶ必要があるので事前に天気予報をチェックしましょう。

アトラクションに乗ると高いところまでいき、とても寒いので服装に気をつけて行きましょう。

快適に遊ぶためのコツ

 (42785)

休止アトラクションを事前に調べる

基本的に、土日休日に休止するアトラクションはないですが、平日は、いくつかのアトラクションが、一日中、もしくは15時頃から点検整備で運休することがあります。
その休止スケジュールは公式サイトの運休情報で確認できます。1ヶ月単位のスケジュール発表です。

主要アトラクションで(平日に)運休しやすいのは「ナガシマスカ」、「鉄骨番長」、「マッドマウス」、「観覧車」。

「ドドンパ」(7月リニューアル)も月に一度運休(休園日前の月曜日であることが多い)が多いです。

「トーマスランド」のアトラクションも平日はターゲットである家族連れが少ないからか、点検整備に当てられる模様です。

「フジヤマ」は点検整備のため、毎年1月頃1~2週間ほど運休する時期があります。

「ええじゃないか」と「高飛車」も不定期ですが、点検整備で3~4日集中して運休することもあります。

【運休情報・月間スケジュール】
https://www.fujiq.jp/calendar/

営業時間の短い日が狙い目

営業時間が短い日は、「来場者が見込めない」日での設定です。

基本は9~17時、厳冬季10~17時、週末と春夏休みは9~18時、または19時までとなっています。

(公式サイトより確認できます。)9時~17時(平日)の営業で土日休日は18時閉園。
春休み・夏休み期間は8時半~20時になることが多いです。

また12月、1月は9時半または10時開園となることもあります。

・GW、お盆は、7時~21時の営業となることもあります。
・月に一度、休園日があります。(第2火曜日あたり)
 3月、7月~9月は休園日の設定ありません。
・「ナガシマスカ」,「超・戦慄迷宮」などを含む一部のアトラクションは、開園の1時間後から開始など、遅れて始まることがあります。

・「トーマスランド」のアトラクションは、休日でも17時頃までの営業となることが多いです。

・「リサとガスパールタウン」は、富士急ハイランドの開園30分前にオープンし閉園30分後まで営業しています。
月間スケジュール
https://www.fujiq.jp/calendar/

コースター以外は、平日がいい

富士急ハイランドは、一つ一つのアトラクションに時間がかかります。

平日は従業員の数が減ったり、メンテナンスに入ったりと、回転が悪くなるため、平日でも休日でもあまり待ち時間的には変わらないこともあります。

どんなに空いていても20~30分程度の待ち時間は出ます。もしコースター以外のアトラクションだったら平日は待ち時間が少なく快適に利用できます。

 (42781)

年間イベントスケジュールを確認

3月に春休みのイベント、8月に富士吉田祭りのイベント、10月にハロウィン、12月にクリスマス、スケートリンクでのイベントが開催されます。3連休の時は大道芸人や有名人を招いたショーもあります。

毎年12月31日はお笑い芸人さんを招いた「年越しカウントダウンライブ」が行われます。ライブは31日の23時~24時半くらいまででコースターなどの主要アトラクションは、おおみそかの、31日20時頃~1日の朝9時くらいまでは運休し、その時間帯は「観覧車」「エヴァンゲリオンワールド」など、一部のアトラクションのみ営業するようです。

学生の受講日をチェック

山梨県の受験日程なども調べるのも効果的です。

公立高校の受験日に行ってしまうと、休みの高校生が大量に押し寄せ大行列!ということがあります。

天気予報をこまめに見ておく

★雨が降ると?
雨が降りレールがぬれると屋外のアトラクションは営業を見合わせる場合があります。

雨がやみ、レールが乾き、試運転をして安全確認が取れ次第、アトラクションの開始となります。

雨が降っていなくても、強風や雷接近などの気象条件や機械調整により、営業を見合わせる場合もあります。

★風も重要なポイント
風にも弱いため、事前に調べておいて予備日も見ておきましょう。

しかし、天気がよくない日は入場者数がへって空いているというメリットもあります。
冬季、特に12月~2月上旬は厳しい寒さとなります。雪もしくはみぞれが降ることも珍しくないです。

★インドア系アトラクションは、雨の日を狙いましょう!
ホラー・お化け屋敷や、シュミレーションタイプのバーチャルアトラクションなど、屋根付きのインドア・アトラクションの攻略は、雨の日だと全く問題ありませんので、攻略したい方は、雲行きの怪しい日に集中しましょう。

★ 服装は要注意
東京より涼しい日が多いが寒暖の差が激しいです。

夏季でも朝や夜は冷え込む場合があるので防寒対策はしっかりと。また天気が崩れやすく特に夏は夕立が多いので折り畳み傘を持っていくと安心。

アトラクションは想像以上に風が当たります。

「ええじゃないか」や「鉄骨番長」など靴を脱ぐアトラクションもあるため、靴下もあったほうがいいです。

アトラクションに乗る際には、乗り場にロッカーがあり、毎回みんな荷物を預けられるため、念のため暖かい服を持っておくに越したことはありません。

夏は良いかもしませんが、秋冬春はかならず羽織れるものを!

女性は、カチューシャやネックレスなど、アトラクションによっては外さなければなりません。もし、おしゃれをするなら落ちる心配のないものを身につけましょう。

 (42836)

絶叫マシンから子供が楽しめるアトラクションまでいっぱい!

さあ、いよいよアトラクションに乗っていきましょう!

多くのギネス記録を持つ富士急ハイランドの絶叫マシンはいずれも非常にハードなアトラクションです。
乗る際には乗車制限や注意事項をきちんと確認し、安全を守って乗るようにしましょう。

「 FUJIYAMA 」

「FUJIYAMA」は最高速度130km/h、最大落差70m、最高部79mと世界最高クラスのスペックを誇り、「KING OF COASTERS」の異名を持つジェットコースターです。

ライド時間が3分と長いので、ジェットコースター好きな人には嬉しいですね。
破格のスリルと、何度乗っても飽きない楽しさがあります。

 (60424)

待ち時間は平均1時間半ほどです。
FUJIYAMAの前にスナックフードを購入できる場所があるので、並びながら軽食を食べると効率がいいです。

3分の走行中に写真コーナーがありますので、頑張ってカメラ目線を作ってみましょう。
あとで写真を購入することも可能です。

「FUJIYAMA」の絶叫を100%味わうなら、左側の後部席へ!
全長2,045mと走る距離も長く、ライドの車体も長いので、後ろの席ほど遠心力が強くかかって体感速度も早く感じますし、振り回される感覚が味わえます。

 (60426)

※小学2年生までのお子さんは、中学生以上の保護者の同伴が必要です。

【アトラクション情報】
• 身長制限 : 120cm ~
• 年齢制限 : ~ 62才
• 料 金 : 1000円
• 定 員 : 28名
• 所要時間 : 3分36秒
• コース全長 : 2,045m
• 最高部 : 79m
• 最高速度 : 130km/h
• 最大落差 : 70m
• 巻き上げ高さ : 71.5m

「 高飛車 」

リニアランチ方式で地上から垂直に巻き上げられ、なんと121度の角度でえぐるように落下するコースターです。
90度を越える121度の落下角度は、乗っているともはやレールが見えません…!

この角度はギネス記録でもあります。

 (60429)

一見怖い角度ですが、思ったよりあっという間との声も!?
ただし最初に、ドドンパのように急発進が出るので覚悟をしておいてくださいね。

ちなみに落下して終わりではなく、その後うねったり回転したりするジェットコースターのコースが続きます。
これは怖いものがへっちゃらの子、限定の乗り物です!

 (60430)

【アトラクション情報】
• 身長制限 : 130cm ~
• 年齢制限 : 10才~ 60才
• 料 金 : 1,000円
• 定 員 : 8名
• 所要時間 : 160秒
• コース全長 : 1,004m
• 最大落下角度 : 121度
• 最高速度 : 100km/h

「 ナガシマスカ 」

4人乗りの円形ボードに乗り、ローラーコースターのように地上18mまで巻き上げられた後、水がなみなみとあふれるウォータースライダーのようなコースを下るウォーターアトラクションです。

18mの高さは、乗ってみるとかなり高いです…!
ジェットコースターを下る前のような気分になります。

途中には「うずまきの滝」などが待ちかまえ、ストレートな急流すべりではなく山あり谷ありの旅が楽しめます。
かなりの水量の中に勢いよく突っ込むので、ずぶ濡れ必至のアトラクションでもあります。

写真は「ナガシマスカ」のシンボル、「お猫様」です。

 (60433)

「お猫様」は高さ10m、総金箔張りの夫婦招き猫です。
日本招猫倶楽部により、なんと「世界最大の招き猫ペア」に認定されているそうです。

コース後半には「お猫様」の社がありますが、ここでは2回拍手を打つと音の大きさによって噴射される水の量が変化する仕掛けになっています。
みんなで大きな拍手を打てるように頑張りましょう!

 (60434)

※身長110cm以上130cm未満までの小学生は、中学生以上の保護者の同伴が必要です。

【アトラクション情報】
• 身長制限 : 110cm ~
• 年齢制限 : ~ 64才
• 料 金 : 800円
• 定 員 : 4名/台
• 走路長さ : 500m
• 高 さ : 18m
• 最高速度 : 約29km/h

「絶凶・戦慄迷宮」

なんと全長900m!
リタイヤ続出も頷ける、史上最長&最恐のお化け屋敷です。
2017年7月にリニューアルオープンしました。

自分のペースで歩くので、怖くて動けない方は、1時間くらいかかることも。
しかもこのお化け屋敷は、生身の人間が突然出てきて追いかけてくるタイプです。

過去最大規模の広さの中を、いつ、どこから襲われるかわからない極限状態の中、進まなければなりません。

皆さんはこの恐怖とパニック状態に耐えられますか?

 (60437)

真っ暗な闇を歩く「暗闇通路」、逃げ場のない「監禁部屋」、そして一番の絶凶ポイントは、歴代最恐の最終部屋「巨大人体実験室」です。

闇・音・温度・におい・圧迫感など、人間の本能的な恐怖が徹底的に追求されています。

怖いものが苦手な人は、券売機に売ってる三角形のお守りを買いましょう。
ひたいにつけると、お化けが近づきません。
ちなみに階段はお化けが追いかけてこないので、ちょっと安心できるポイントです。

最初に入り口に入って見るムービーには刺すシーンなどがあるため、お子様と入る際には十分配慮してあげてください。

中にはリタイヤのための扉が設けられていて、途中離脱もできます。

ちなみにフリーパスでは利用できず、別途料金が必要となることにお気をつけください。

 (60441)

【アトラクション情報】
• 身長制限 : なし
• 年齢制限 : 小学生以上
• 料 金 : 500円(フリーパス不可)
• 収容人員 : 1日1000 ~ 1500人限定
• 所要時間 : 約50分
• 建 物 : 2階建て(一部中2階)
• 延べ床面積 : 約3,000㎡
• 歩行距離 : 約900m

「 鉄骨番長 」

タワーの周りを、ブランコが上昇と下降を繰り返しながら回転するアトラクションです。

空中ブランコ…というと穏やかに思われるかもしれませんが、タワーの高さ59m、ブランコの最高時速51kmとあっては穏やかではいられません。

思った以上に高いところまで上昇しますし、足元はブラブラしているので、なかなかの絶叫体験が味わえます。

もっとも、ぐるぐるまわりながら眺める富士山や園内の景色は他では望めません。
スリルが平気な人には、またとない絶景を楽しめるアトラクションでもあります。

 (60443)

※未就学のお子様は中学生以上の保護者の同伴が必要です。
※身長110cm以上130cm未満までの小学生は、中学生以上の保護者の同伴が必要です。


【アトラクション情報】

• 身長制限 : 110cm ~
• 年齢制限 : ~ 64才
• 料 金 : 800円
• 定 員 : 24名 (2人乗り×12台)
• タワーの高さ : 59m
• 最高到達点 : 47m
• 最高速度 : 51km/

「シャイニング・フラワー(大観覧車)」

特等席から広い遊園地を一望したいならこちら!
高さ50mの大観覧車です。

たっぷり11分間かけて1周するので、富士山をカメラにおさめるにもうってつけです。
園内の行列状況を眺めながら、次はどれに乗ろうかな…と考えるのもいいですね。

ちなみに…全部が透明なゴンドラもあります。
もちろん床もスケルトン。

「スケルちゃん」と「スクムくん」と名づけられた透明ゴンドラは限定4台、大人気です!
こちらに乗った場合は、コワ~イ思いを楽しむこともできますよ。
足元をすごいスピードでアトラクションが駆け抜けていくスリルは、また違った味わいがあります。

 (60447)

※トーマスランドパス・シニアパスでご利用いただけます。
※未就学のお子様は中学生以上の保護者の同伴が必要です。

【アトラクション情報】
• 身長制限 : なし
• 年齢制限 : なし
• 料 金 : 500円
• 所要時間 : 11分
• 高 さ : 50m

「 メリーゴーラウンド 」

キッズにとって遊園地の花形アトラクション、メリーゴーラウンド。
豪華なしつらえの黄金の馬車や50頭の白馬が、おとぎ話の世界へ誘ってくれます。

富士急ハイランドにはもうひとつ、「リサとガスパールタウン」にもメリーゴーラウンドがあります。
乗り比べてみても楽しいですね。

絶叫アトラクションと比べてすいているのもおすすめポイントです。

 (60450)

※トーマスランドパス・シニアパスでご利用いただけます。
※未就学のお子様は中学生以上の保護者の同伴が必要です。

【アトラクション情報】
• 身長制限 : なし
• 年齢制限 : なし
• 料 金 : 400円
• 回転直径 : 20m

キャラクターコラボのアトラクション

富士急ハイランドは多数のアニメやゲームのキャラクターとコラボしており、エヴァンゲリオン・ゲゲゲの鬼太郎・きかんしゃトーマス・リサとガスパールのアトラクションがあります。

【トーマスランド】

「トーマスランド」は子どもたちに大人気のアニメ、「きかんしゃトーマス」のテーマパークです。
といってもトーマスランド単体としての入園料は必要なく、富士急ハイランド内のエリアとしてそのまま楽しめます。

パーク内にはトーマスにまつわるモニュメントやアトラクションがいっぱい!
写真はトーマスランド内のアトラクション一覧です。

ランド内の乗り物が乗り放題になる「トーマスランドパス」や富士急ハイランドの「シニアパス」が使えます。
おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に乗り物を楽しむのもいいですね。

ちなみに富士急ハイランドのフリーパスはトーマスランドの乗り物にも使えます。

 (60453)

「トーマスとパーシーのわくわくライド」

トーマス、パーシー、ジェームズの3種類のライドに乗って、トーマスたちの世界にあるソドー島を旅するアトラクションです。

道行にはトーマスのなかまたちが次々お出迎え。
キャラクターの再現クオリティが高いので、本当にトーマスの世界に迷い込んだ気分になれます。

懐かしくて楽しくて、大人も夢中になってしまいます。

※各種パスが利用できます。
※未就学のお子様は中学生以上の保護者の同伴が必要です。

【アトラクション情報】
• 身長制限 : なし
• 年齢制限 : なし
• 料 金 : 300円
• 雨天時 : 利用不可
• 妊娠中の方 : 利用可

「ロックンロールダンカン」

トーマスランドにも…あるんです!
ジェットコースターが!

それがこちら、「ロックンロールダンカン」です。
3歳から利用できるコースターなのでスピードもゆるやか、起伏やうねりも激しくはありませんが、小さなキッズには十分コースターのスリルが感じられるのではないでしょうか。

ダンカンが風切る旅に連れて行ってくれますよ!

 (60461)

※各種パスが利用できます。
※未就学のお子様は中学生以上の保護者の同伴が必要です。

【アトラクション情報】
• 身長制限 : なし
• 年齢制限 : 3歳~
• 料 金 : 200円
• 雨天時 : 利用不可
• 妊娠中の方 : 利用不可

【ゲゲゲの妖怪横丁 妖怪小噺】

人気漫画・アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」とのコラボアトラクションです。

こちらは「3Dサウンドアトラクション」。
ヘッドフォンを通し、「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターたちによる「ちょっぴり怖い話」が楽しめます。

まるで妖怪が後ろにいるような…なんだか背筋がブルッとする感覚が味わえます。

 (60464)

※トーマスランドパス・シニアパスでご利用いただけます。
※未就学のお子様は中学生以上の保護者の同伴が必要です。

【アトラクション情報】
身長制限 : なし
• 年齢制限 : 3歳~
• 料 金 : 400円

『富士急ハイランド』のアトラクションについては、こちらでの記事でより詳しくご紹介しています。
キッズが楽しめる乗り物もまだまだありますので、ぜひご覧ください!

親子でめいっぱい楽しもう!『富士急ハイランド』のアトラクションをご紹介 - アソビバ

親子でめいっぱい楽しもう!『富士急ハイランド』のアトラクションをご紹介 - アソビバ

「富士急ハイランド」といえば絶叫マシンが有名ですが、実は小さなお子さん向けのスポットも充実しているんです。今回は絶叫マシンに加え、ファミリーで乗りたい「富士急ハイランド」のアトラクションをご紹介していきます。

レストラン、カフェテリア情報

 (42983)

昼食は持参した方がいいか?

平日などは問題ありませんが、土日祝の昼食は、レストランも1時間待ちなんてことがあります。

アトラクションにたくさん乗りたい人は、待ち時間を節約するためにもパンなどを持参して食べるのがおすすめです。

パンやおにぎりのような軽食でしたら、アトラクションの列に並びながら食べる事も可能です。

暑い日にはお水は必須ですので、必ずカバンに入れておきます。

アトラクションごとに荷物を預けられる無料のロッカーもあるため、安心して栄養補給のための食べ物、飲み物は持ち歩きましょう。

けれど、アトラクションに遊び疲れてちょっとエネルギーチャージがしたいな…と思ったとき、「富士急ハイランド」には魅力的なお食事スポットがたくさんあります。
いくつかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

「 フードスタジアム 」

「フードスタジアム」は絶叫コースター「高飛車」のおひざもとにあるフードコートです。

 (42987)

ここでは、アトラクションにちなんだメニューや地元の味覚が味わえます。

「鉄骨番長」にちなんだ「鉄骨オニオン番長」や、「FUJIYAMA」にちなんだ「FUJIYAMAロシアンカレー」など、ユニークなメニューがもりだくさん。
思わずカメラを構えたくなってしまいます。

ちなみに従業員が選んだ富士急ハイランドの人気メニューTOP3はこちらだそうです。
フードスタジアムが制覇!

1位  富士桜豚丼   (フードスタジアム 1,030円)
2位  フジヤマカレー (フードスタジアム 1,000円)  
3位  富士宮やきそば (フードスタジアム 720円)

 (60661)

TOP3入りした「富士宮焼きそば」はご当地グルメの祭典、B-1グランプリで一躍有名になりましたね。
私もさっそく注文してみました。

ご当地の味としては他に、富士吉田の名物「吉田のうどん」なども食べることができます。

 (60662)

「 アンティ・アンズ 」

プレッツェルの中でもやわらかい「ソフトプレッツェル」の専門店です。
「ウェーブスウィンガー」の目の前にあります。

アミューズメントパークへの出店としてはここ、富士急ハイランドが初めての店舗なのだそうです。

 (60663)

ポテトや照り焼きサンドなどもありますが、ここはやはり、焼きたてのプレッツェルをテイクアウトして園内でほおばりたいですね!

写真の「Q」プレッツェルは富士急ハイランド店限定なので、ぜひ味わってみてください。
アトラクションの待ち時間にも食べやすいメニューです。

 (60665)

「 ディッピンドッツアイスクリーム 」

「マッド・マウス」の近くには、おやつ感覚でつまめるフードのお店がいくつかあります。

こちら、「ディッピンドッツアイスクリーム」もそのひとつ。
シェアするのにもってこい!
-40℃のつぶつぶアイスです。

 (60666)

お口に入れるとカラフルなアイスクリームがジワリと溶けて、味が混ざります。
さらさらした不思議な食感、暑い日のおともに嬉しい冷たさです。

「 クレープ食堂 」

「ディッピンドッツアイスクリーム」と同じ並びには、「クレープ食堂」もあります。

ちびっ子も大好きなクレープで、3時のおやつタイムはいかがでしょうか?

 (60667)

「 お食事処 防波亭・甲斐宝刀信玄館 」

第2入園口のすぐそば、「クール・ジャッパーン」のすぐ前にあります。
1Fの「防波亭」ではソースカツ丼・かきあげ丼など豪快な丼メニューが、2Fの「甲斐宝刀信玄館」では山梨県の名物「ほうとう」が味わえます。

しっかり食べたいときにおすすめのお食事どころです。

 (60668)

ここではいくつかのお店をピックアップしましたが、「富士急ハイランド」にはまだまだ驚きのフードスポットがあります。
こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、合わせてぜひご覧ください。

『富士急ハイランド』のレストランを食べ歩き! - アソビバ

『富士急ハイランド』のレストランを食べ歩き! - アソビバ

「富士急ハイランド」には「富士急名物」の味覚がいっぱい!アトラクションの合間に、ぜひ味わってみてください。今回は名物メニューの写真とともに、「富士急ハイランド」のお食事どころをご紹介していきます!

ショップ、お土産情報

「 ショップ FUJIYAMA 」

 (43037)

 (43038)

第1入園口にあります。 おみやげの品揃えはここが一番です。

富士急ハイランドオリジナルグッズに山梨の名産品もいっぱいなので、一気にまとめて買えます。

幅広い年齢層の方へのお土産を買うにいいですね。第一駐車場の近くなので帰り際に買う方が多いです。

「 バラエティーズ 」

 (43041)

FUJIYAMAオリジナルグッズやかわいいお土産品が並びます。

ジェットコースターのオリジナル商品は見るだけでワクワクしますし、富士山にちなんだお土産は外国人にも人気なんだとか。

トイレ、授乳室、おむつ替え台、休憩スポット

パンフレットには、ファミリーに優しい授乳室やオムツ替えのスポットがわかりやすく記載されています。

*テンテコマイ近く(トイレ、授乳、オムツ替え)
*インフォメーション(授乳)
*トーマスランド入り口(トイレ、授乳、オムツ替え)
*第2入園口(トイレ、授乳、オムツ替え)

 (43046)

*インフォメーションは高飛車のすぐ近くの黄色い建物。困ったことがあったらすぐに対応してくれます。

 (43048)

FUJIYAMAからメリーゴーランドを超えてフードコートに向かう途中に、インフォメーションの看板がありますが、トイレ、授乳、オムツ替えなどファミリー対応になっています。
第一駐車場から進んで正門を潜って、歩いて7分ほどです。

富士急ハイランドの周辺情報

「 ふじやま温泉 」

 (43058)

純木造浴室に、20種類もの効能がある美肌効果がたっぷりの自家源泉。
富士山の雄大な眺望を見ながら、身体も心も癒される名湯です。

◆営業案内
朝風呂:7時〜9時(最終入館8時半)
通常:10時〜23時(※最終入館22時)
休業日:年中無休 ※施設点検日のため、年間数日の休館あり

●7:00〜9:00
大人620円
子供310円

●10時〜23時
大人1,400円
子供700円

※フリーパス提示で、
大人1,200円
子供600円

●土日・休日
大人1,700円
子供850円

※フリーパス提示で、
大人1,500円
子供750円

※タオルつき
※駐車場は無料

★ふじやま温泉のおすすめ点

①富士急ハイランドのとなりだから気軽に立ち寄れる

②フリーパスor入園券提示で割引あり。http://www.fujiyamaonsen.jp/index.html

② 富士山の眺望を館内の至るところから、目の前に広がる富士をご覧いただけます。

④“町屋造り”を再現し、100坪を超す"純木造浴室"は日本最大級の大きさを誇ります。木材はケヤキ、ヒノキ、マツを使用。メインとなる柱は樹齢200年超と言われる直径60センチのケヤキを使用。

富士急ハイランドのまとめ

 (43062)

【施設名】富士急ハイランド

【住所】〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原5-6-1

【営業時間】営業時間カレンダーによる(季節で変動有)

【電話番号】0555-23-2111

【定休日】火曜・水曜日。そのほかにもあり。学校が休みの日は変更あり。公式サイトの営業カレンダーにて要確認。

【web】http://www.fujiq.jp/

【ペット可】不可(ドッグパーク開催日は受付けを済ませた犬のみ入園可)

【ベビーカー】可

【車いす】可、(障がい者割引あり)

【駐車場】あり
 普通車1,500円 ※バイクは無料。マイクロバス及び大型車はバス料金となります。

【その他情報】授乳室はサービスセンターに、おむつ交換シートは園内女性用トイレにあります。ベビーカーのレンタルあり(有料)。車イスの貸し出しあり(無料 予約不可)。

『富士急ハイランド』は日本一の富士山のふもとにある絶叫絶景遊園地

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アソビバ の最新記事を毎日お届けします

RELATED関連する記事:「山梨」のおでかけレポート

エリアから探す
関東
ジャンルから探す
あそぶ
まなぶ

RANKINGおでかけレポートランキング

COLUMNお役立ち情報

SELECTアソビバセレクト

アソビバ編集部イチオシ記事

  • 今だけMAX50%0FF 割引チケットの一覧はこちら
  • アソビバレポーターライター募集